北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
城下町時代結婚式~桜のヴァージンロード~

イベント情報

2009/04/11 Sat
着物の似合う町、加賀で言えば間違いなく「大聖寺」でしょう。
春爛漫、満開、まつり開催中!1年でも大聖寺が一番盛り上がる日のひとつ。
でも、今年の主役は「」ではありませんでした。
暖かい春の日差しいっぱいの今日、『城下町時代結婚式』がとり行なわれたのです。
時代結婚式
この日、新郎新婦を迎えたのは、水面に映る「のヴァージンロード」!
その道を、ゆっくりと「本日の主役」を乗せた流し舟が通ると、川岸から「おめでとう!」の声が幾重にも飛び、二人を祝福!

満開のもやさしく微笑みかけているようでした。
今日の日のように、あたたかい家庭をお築きください。末永くお幸せに・・・

お め で と おぉ (S)
時代結婚式

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
 「大聖寺 流し舟」で夜桜見物

全般

2009/04/04 Sat
夜桜と流し舟


 風流です。
 静かです。


大聖寺流し舟からの夜見物。
手漕ぎ舟のゆったりとした動きが、煩雑な日常を忘れさせてくれます。

初日は名物S船頭さんが、じきじきに登場。
自慢の「船上山中節」を生で聞かせてくれました。

流し舟と、長流亭からの特別拝観がセットになった「城下町の夜桜散歩
4月3日(金)~5日(日)、10日(金)~12日(日)、の6回開催します。

期間中には、江沼神社「竹館」で和紙のあかり展と喫茶もオープン。
登録有形文化財の室内にピアノの調べが流れます。 (O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 「はづちを・がわ市」再開です!

イベント情報

2009/03/06 Fri
はづちを朝市

冬の間お休みしていた山代温泉「はづちを・がわ市」が再開です。
いまや山代温泉「湯の曲輪」の風物となった朝市です。
近郊の農家が新鮮な野菜やお米を届けてくれます。
郷土料理「柿の葉寿し」や「北前昆布巻き」など手作りの味も。

毎月第一・第三日曜日
はづちを楽堂の軒下に並びます。
AM7:00~8:30ごろまでですが、8時には商品も少なくなるので
お早めにお出かけください。
天気の良い日には朝風呂もあわせてぜひどうぞ。
きっと楽し一日の始まりになりますよ。(O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
色ガラスと時代着物

全般

2009/02/24 Tue
錬星舎グラス展

2年に一度、山代温泉での個展。
信州伊那でガラス工房を営む「錬星舎」の二人だ。
会場は、山代きっての人気料理店「一力」
2日間営業を休んで、店内がギャラリーになる。
さらに初日は、応援に駆けつけた金沢広坂ハイボールのマスターが
一夜限りの一力BARが開店するという楽しい趣向なのです。

一力

一力 カウンター

23日、大聖寺(だいしょうじ)にあるアトリエ理のみなさんと訪ねました。
アトリエ理といえば、昨年の11月に「城下町時代結婚式」を復活させ、
町に華やぎと、忘れていた伝統挙式の魅力を伝えてくれました。

アンティーク着物が実によく似合うSさんとTさん(みんなが振り向く!)
手に取って見ているのが、新作のガラスの飯茶碗。
一瞬「ガラスでご飯?いったいどんな味が?」、とためらってしまうのですが、
色使いと柄が新鮮で、知らぬ間に引き込まれていく。

閉塞感だらけの今の日本。
「常識」などもはやどこにもないのに、みんなこじんまりとお利口でいようとする。
通念からくる先入観を「えいっ」と超えて、初めて心が躍動し始めます。
ガラスの茶椀と時代の着物、色と柄がどことなく似ていることに気付きました。
この二つを眺めていると、心が和み、晴れ晴れとしましたね。

これで錬星舎のグラスは2年後までおあずけ。
見たい人は一力に行けば使っていますよ。  (O)

はづちを楽堂

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
 大聖寺藩の謡初め「お松囃子」

全般

2009/01/02 Fri
お松囃子

諸芸に秀でていたという大聖寺十四代藩主の前田利鬯公。
中でも能楽にはとくに熱心で、新春に開く謡初め「お松囃子」を弟子に伝えました。
大聖寺の町民はこの伝統を重んじ、錦城能楽会が今日も絶えることなく受け継いでいます。

うっすらと雪が積もる1月2日、大聖寺地区会館の大広間が能舞台にしつらえられます。
今回のお目当ては、子供たちが舞う「お松囃子」
未来の後継者を育てようと錦城能楽会が開く「お松囃子こども教室」の発表会です。

いやー、大聖寺の子供たち恐るべし。

能と狂言を演じます。知人の子供たちも大勢出演しています。
普段の生活の中で、塾に部活に、さらに伝統芸能まで?
やはり大聖寺には人材輩出の土壌が脈々とあるように感じました。(O)

前田利鬯公


お松囃子4

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 大晦日の温泉感謝祭

全般

2008/12/31 Wed
山中温泉 湧出祈願1

大晦日の早朝6時、山あいの町はまだ薄暗い。
山中温泉のシンボル「菊の湯」。町民の共同浴場です。
営業時間前の脱衣所には礼服姿の関係者が大勢集まっています。
毎年大晦日に行われるこの祈願祭は、
一年間の温泉への感謝と、新年も変わらぬ湧出を願うもの。
聞けばこの祈願祭、江戸時代より続いているとのこと。
山中温泉の守護「医王寺」の鹿野住職さんの言葉に、ハッと気づかされます。
「今日の町の繁栄は、温泉旅館も漆器も、湧き出る湯溜まりに人が集まったことから始まった。山中温泉の文化の原点はこの共同浴場です」
「今ではどこでも掘れば温泉が出ると思っているが、昔の人はいつ涸れるかも知れぬ不安を抱きながら、天与の恵みにいつも感謝してきた」
地域の宝を住民全員で大切に使いながら守ってきた。これが加賀ならではの「総湯文化」。
自分たちでルールを決め、資源の保全と活用を図る。
あれっ、これってエコツーリズムそのものじゃないですか。
総湯文化はオリジナルのエコだったんですよ、スゴイ。

山中温泉「菊の湯」は年末年始も休まず営業
営業時間は6:45~10:30、入浴料は大人420円

山中温泉 菊の湯

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
餅まきと新嘗祭 山代服部神社

イベント情報

2008/11/23 Sun
山代初老餅まき

山代温泉にある服部神社の鳥居には「餅まき 23日10時半」の立て看板が。
総湯の張り紙には「服部神社 餅まき10時 新嘗祭11時」と。

「いったい何の餅まき?新嘗祭って宮内庁じゃなかったっけ?」
と不思議に思いながら、まずは現地へ。

定刻の10分前。
人がどんどん石段を上っていきます。
途中の石垣に紅白の横断幕が掛かり、その下には100人くらいの人だかり。
神門からは黒服に白ネクタイの男衆がぞろぞろ降りてきました。
(ははぁ、この餅まきは初老の厄除けか...)
満40歳を迎えた10名が1,000個の餅を観客に向かって景気良く撒き始めます。
みんな気持ち良さそうに投げています。あっという間でした。
拾ったみなさん、今日は餅をべて厄を払ってやてくださいね。

新嘗祭 注連縄 服部神社1

続いて11時からは新嘗祭が拝殿で執り行われます。
山代温泉内の各区長さんが集まっています。
新米、野菜、果物、玉子、昆布など山海で採れたものを神前に供えます。
新年用の大しめ縄もすでに供えられていました。
奉納米から出たワラが材料で、これも初老の男衆10名の手で綯ったのだそうです。大晦日には真新しいしめ縄が鳥居に掛けられます。
新嘗の「新」は新米のことで、「嘗」はべることの意味だそうです。お恥ずかしいが初めて知りました。

来年はぜひ観光客のみなさんも餅をとりに来てください。参加自由です。
(ボクも来年は客になって餅取りに来よーっと)  (O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear