北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本の趣を伝える腕時計「九谷焼腕時計」

名産・特産

2008/04/11 Fri
九谷焼腕時計

九谷焼の新しい形がお目見えしました。
地元の九谷焼作家でつくる“加賀九谷陶磁器協同組合”が文字盤に九谷焼の絵付けを施した腕時計を発売しました。
この九谷焼の腕時計は「身に着ける九谷焼」をテーマに、現代のものづくりの技術と伝統的な九谷焼の技法を活かし、加賀の陶工がひとつひとつ手づくりしたものです。
今までは置時計などはあったのですが、腕時計はおそらく初めてではないでしょうか。
裏蓋には1番~100番までのシリアルナンバーが彫刻されいて、世界に1つだけの腕時計となっております。
加賀の伝統工芸・九谷焼の工芸作家が心を込めて作った文字盤の美しい九谷焼腕時計・九谷焼ウォッチ。あなたもいかが?(H)

詳しくは、【九谷焼時計本舗】をご覧ください。
http://www.takamatokei.com/
九谷焼腕時計

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
らくやき体験工房がオープン

観光スポット

2008/03/29 Sat
翠雲窯

城下町ならではのスポットが、またひとつ大聖寺オープンしました。
「翠雲窯」。楽焼き専門の体験工房です。代表は荒木実さん。会社勤めのかたわら窯を築き、らくやきを楽しむ仲間や会員とともに教室を開いてきました。気がつけば20数年、もとの工房を道路整備の関係で取り壊すことになったのを機会に移転を決意。街なかから閑静な「山の下寺院群」の一角に移りました。体験工房としては最高の場所だと思います。交通の便が良く、駐車場もあり、なんと言っても寺院群と裏山の自然に囲まれた環境がすばらしい。「会員だけではなく、一般の方にも気軽に体験して欲しい」と荒木さん。
楽焼は本焼と違い工程が簡単で短時間で仕上がるので、一日で完成することも可能。手びねりでの作陶で3,000円、絵付けだけもできます。
今回2基の窯を作ったのが、なんと82歳の荒谷重男さん。「これで6個目。数を追うごとに使い勝手を考え、順番に良くなってきている」と、新作窯のツボを説明していただいた。「へぇー」「なるほど」とうなることばかり。かくしゃくとしていらっしゃいます。
工房は午前10時から午後4時まで。手びねり、絵付け体験は随時できます。月曜が定休日。窯入れは毎月第3日曜日を予定しています。
3月30日(日)まで蘇梁館にて会員の作品展が行われています。
http://drivenavi.jp/spot/sp-623.htm
作陶と山の下寺院群散策、九谷焼美術館もすぐ近くなので、これからの季節にはぴったりの日帰りプログラムです。桜も新緑もほんとうに気持ちいいエリアですよ。(M.O)
らくやき体験工房「翠雲窯」 加賀市大聖寺下屋敷町17 TEL0761-72-1175
翠雲窯

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 観光スポット | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
本流の絵付体験ツアー

イベント情報

2008/02/18 Mon
九谷焼絵付体験

山代温泉にある九谷焼窯跡展示館。ここには古九谷窯廃窯後、江戸時代後期に再興された九谷焼窯「吉田屋窯」の遺跡を整備・公開している。
本流を受け継ぐということもあり、ここでの体験は本格的!ロクロ体験は足で蹴る「蹴ロクロ」といわれるもの。また、絵付体験九谷焼作家が使う“そのもの”を使用する。
今年10/25、11/1、11/8の3回、九谷焼作家との本格的絵付体験九谷焼の器を使う寿司屋での事を楽しむツアーを行う予定。事がにぎり寿司ということもあり、参加料は5000円とちょっと値段ははるがきっと新しい発見があるはず。(H)
九谷焼絵付体験

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
自由と歴史 名窯「青泉窯」

名産・特産

2007/12/21 Fri
北出不二雄、北出博嗣

九谷焼窯元の青泉窯。加賀を代表する名窯である。
今回、来年3月に創刊される旅雑誌「旅咲」の取材依頼があったのでご紹介させていただいたところ快く取材を受けていただいた。
取材の合間に、北出不二雄先生にお話を聞くことが出来た。
以前から先生に聞きたいと思っていたのだが、不二雄先生、弟子の北出博嗣さん、稲手忠弘さん、山下一三さん、苧野憲夫さん、この5人の作風が全く違うのである。
素人の私には単純に窯元によって受け継がれる作風があると思っていて不思議だったので聞いてみた。
すると先生は「受け継いでいるのは技術。作風は自分の作りたいものを作ればよい。そうでないと楽しくない。」と答えてくれた。
納得の一言。器は楽しくないとつまらない。自由という歴史もあると思い知らされた。
旅咲出たら読んでみてください。楽しい取材だったのでいい記事になってると思います。(H)
北出不二雄

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
2007皿鉢展

名産・特産

2007/12/08 Sat
山下一三

12月6日から開催されています皿鉢展にやっと行ってきました。
会場は大聖寺にある下出美術店。下出さんでは毎年皿鉢展を開催し、地元陶芸家の作品を買うことが出来ます。
なかには、地元では買うことの出来ない作家さんもおいでになり、地元民でも貴重な展覧会です。
私は昨年初めてお邪魔したのですが、今年も行くことができてよかったです。
そして今日はラッキーなことに出品している作家さんで山下一三さんがおいでになりお話しすることが出来ました。
山下先生からは「器を見るときは、使う様子を想像しながら見ると楽しいよ」とアドバイスいただきました。
そうやってみると、「この器で飲む酒はうまいだろうなぁ・・・」と楽しくなってきます。
山下先生の作品は楽しさの詰まった器で、器とは食事を楽しむ重要なアイテムだということを教えてくれます。でもって、手に持った感じがやさしい。
当然、買ってしまいました!まだ嫁に内緒なのも当然です・・・
そのほかにも心をくすぐる器がたくさんありましたが、今年はこれでガマン。来年また買います。
大聖寺にお出かけの際は、お気軽にのぞいてみてください。お気に入りの一品が見つかるかも。(H)
苧野憲夫

○出展作家(敬称略、50音順)
苧野憲夫、稲手忠弘、佐藤亮、高橋芳宣、徳村達、中村久一、正木春蔵、山下一三

【会期】
平成19年12月6日(木)~11日(火)まで
【会場】
下出美術店
加賀市大聖寺東町4-18
TEL 0761-72-0105

拡大地図を表示

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(1) | ▲ top
九谷焼の旅、モニターツアー

名産・特産

2007/11/18 Sun
山本長左
九谷焼をめぐるモニターツアーが行われました。
2泊3日、九谷焼の真髄のふれる旅です。
九谷焼美術館、重文「長流亭」での特別茶事、古九谷の窯跡、陶芸家が教える絵付け体験、人間国宝と一緒に昼食、工房見学、老舗高級旅館で美器佳肴と源泉湯など、「えーっ、こんなにいっぺんに」と思う豪華プログラムです。
東京、大阪から、航空会社、JR、旅行会社、出版社等のゲストを迎え、観光資源としての「九谷焼」の可能性を評価してもらおうと言うもの。
加賀市の九谷焼作家・山本長左さんの妙泉陶房での解説のあと、山代温泉九谷焼窯跡展示館で山本さん直々の指導による上絵付けに挑戦しました。工房でお弟子さんたちの筆さばきを見て「なんか自分もできるような気がしてきたなぁ」と言っていた参加者でしたが、いざ筆を手にして真っ白の皿に向かうと「いやー、思うように動かん」と苦心惨憺のようす。でも、さすがはその道のプロフェッショナルたち、呑み込みの速さ、デザイン力は、一般の方より数段上と感じました。今回のツアー参加者は、やはり仕事柄みなさんとても熱心な方ばかりで、後で集計されるモニター結果がとても興味深く心待ちです。(M.O)
九谷筆

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
いつもどこか新しい山下一三作品

名産・特産

2007/11/06 Tue
山下一三
片山津に工房「白象」を構える九谷焼作家の山下一三さん。
遊び心あふれる形と色絵で全国に多くのファンがいます。
その一三さんの個展が金沢の「ギャラリートネリコ」で開催中。
http://tonellico.hp.infoseek.co.jp/index2.html

人柄がそのまま作品に表われているといつも思います。
今回もまた新しい表現が追加されていました。
花器にもなるリュトン、ジグザグシリーズの器、やじろべえのキャンドルスタンド。
作っているときのワクワク感が伝わってくるような作品です。

当日のお目当ては、じつはワインパーティ。
器に負けず劣らずの多彩なゲストで、ここにも一三さんの人柄が表われています。
片山津温泉にある中谷宇吉郎雪の科学館が主催している「第4回雪のデザイン賞」
その銀賞に輝いたテキスタイル作品"CONNECTION"の作者の
BaibaRitereさんが、なんとラトビアから訪れていました。
表彰式がに合わせての来日ですが、
せっかくだからと工房いとあそびの松中姉妹のご案内で顔を出されたようです。
http://www.baibatextileart.lv/workshop.html

会期は11月11日(日)まで。竪町パーキングの横です。
建築家の平口泰夫さんの手による町屋を改築した空間も見事です。
ぜひ訪れてください。(M.O)
山下一三

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。