北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
九谷焼創業者 前田利治公顕彰石碑の除幕式

全般

2015/09/14 Mon

9月13日、九谷焼発祥の地 加賀市山中温泉九谷町において九谷焼開祖前田利治公顕彰碑の
神事と除幕式が執り行われ、併せて後藤才次郎紀功碑の移築完成式も行われました。
当日は加賀前田家18代当主前田 利祐(まえだ としやす)ご夫妻が大聖寺前田家の名代として
臨席されました。

除幕式

九谷焼開祖前田利治公顕彰碑

後藤才次郎紀功碑


明暦元年(1655)初代大聖寺藩主前田利治公の九谷焼創業の英断によって古九谷窯が開窯してから
本年は360周年となります。それを記念して、加賀九谷陶磁器協同組合が主催となり多くの篤志家の
寄付金で賄われて顕彰碑が建立されたもので、金沢城の石垣に前田家が使用した戸室石が石材に
用いられています。
場所は国指定史跡「九谷磁器窯跡」にほど近い九谷の三柱神社の参道脇にあります。

※「石川県九谷焼美術館」より画像と情報を提供していただきました。


また、石川県九谷焼美術館では「加賀九谷の系譜展 ~古九谷から現代加賀九谷まで~」が開催
されており、古九谷「草花図平鉢」「山水図鉢」をはじめ、水差しや花器、香炉、大皿などの作品が
展示されています。19日(土)午後1時30分からは組合員による解説も行われます。

(S)

【石川県九谷焼美術館】
合併10周年記念・九谷焼開窯360周年記念特別展Ⅰ
「加賀九谷の系譜展 ~古九谷から現代加賀九谷まで~」
期間:9月13日(日)~9月27日(日)
時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
入館料:大人500円
※詳細は石川県九谷焼美術館ホームページをご覧ください。

【前田利治公顕彰碑】

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

【石川県九谷焼美術館】

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
片山津温泉の「星空ナイトクルーズ」

観光スポット

2015/07/30 Thu
うだるような暑さ!こんな時は涼を求めたくなりますよね。

そんな時に打ってつけなのが、片山津温泉の柴山潟で運行されている「星空ナイトクルーズ」。
その名の通り、星空を眺めながら柴山潟でのクルーズを楽しむことができます。

ナイトクルーズ1


縁結びの仏を安置する「愛染寺」の梵字が印字してある紙に願い事を書き、この紙は船上から
潟に流します。書いた願い事は水に濡れると消えてしまうそうです。

願い事


かっぱさんに案内されて湯の元公園にある桟橋に向かいます。船にはかっぱの船頭さんと
ガイドさんが乗り込み、片山津温泉の歴史や温泉街の楽しみ方を教えてくれます。

ナイトクルーズ82jpg


運が良ければ流れ星を発見することも。そして、圧巻なのがライトアップされた大噴水への接近。
水しぶきが70mの高さまで上がり、四方にも広がっていく様子は、まるで水鳥が羽を広げているか
のようで、とっても幻想的です。

その他にもサプライズがあって、あっという間の30分間。

ライトアップ

SHE LASCO

クルーズの後は公園内にある「かっぱ堂」のカウンターで一杯!なんて、いかがですか。
温泉街の夜の過ごし方を計画中の貴方、一度乗ってみませんか。
感動すること間違いなしです♪

(S)


 4月29日~10月31日 ※8月22日・23日は欠航
【出航時間】20:15/21:15(8月中は20:15/21:30)
【運賃】800円(小人も同料金)
【所要時間】30分
【乗車場所】片山津温泉 湯の元公園 桟橋
【お問い合わせ先・ご予約】かっぱ堂(tel:090-2125-7228、tel:090-2127-6943)

 

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 観光スポット | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
ロクロ木地挽き初体験!!

名産・特産

2015/04/24 Fri
興味はあったのに、なかなか体験できなかった山中漆器のロクロ木地挽き体験。
今回、山中温泉の「ろくろの里 工芸の館」で初めて挑戦することに。
周辺は日本の原風景を感じさせる様な懐かしい景色が広がります。

体験するには、まず大きさと形を決めます。
地元木地職人さんに手ほどきをしてもらいながら形を整えます。
削る場所によって歯先を変えていき、少しずつ作業を進めます。

最初は慣れない刃物の扱いに力が入りますが、少し慣れると楽しくなって、まるで職人気分。
もちろん、刃物を扱っているので気は抜けないし職人さんもずっと補助してくれます。

形が整ったら、好きな模様を付けます。
私は、いろいろな太さの線をランダムに入れることに。それだけで、なんとなく雰囲気が出ます。
また、線が入ることでお椀を持つ時の滑り止めにもなるそうです。

moyo-mihon.jpg

こんなに素敵な模様をつけることも出来ます。(右側にあるのはお椀の形を合わせる為の木枠)

削り終えたお椀がこちら!!

my-owan1.jpg

何とか形になっているのが嬉しい。

nuri-sagyo1.jpg

更に、職人さんが出来上がったお椀に漆を何度も塗って仕上げてくれます。
そして出来上がったお椀がこちら。(仕上がりには2週間ほどかかります。)

my owan

おぉ~、なかなかの出来上がりに感激してしまいました。
世界に一つだけのお椀。旅の記念に作ってみませんか。(R)

山中漆器 ロクロ木地挽き体験 ⇒  「ロクロ木地挽き体験


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
芭蕉が遭難!救助求む

全般

2011/01/21 Fri
たいへーん!
師弟そろって雪崩に遭遇。
救助隊はまだ到着していません。
無事でしょうか、安否が気にかかります。
縁者、俳人は「芭蕉の館」へ急行してください。(O)

芭蕉の館 山中温泉 雪

 (いや、温泉に入っているようにも...) 

芭蕉の館 山中温泉 雪

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
弾丸サイクリングで加賀を周遊!?

全般

2010/10/06 Wed
最近、自転車に乗って颯爽と走り抜ける男性をよく見かけます。
健康に良いことと、環境にもやさしいということでしょうか、30代から50代の方が多いようです。

KAGA旅・まちネットの窓口でも「レンタサイクルのお店はありますか。」という問合せが時々あります。
そんなこともあり、加賀市でのサイクリングの楽しみ方を体験してきました。


9月25日(土)晴れ、時々曇り。暑すぎることもなく、多少汗ばむ程度の心地良い一日。
普段から自転車に乗っている男性が2名。普段、自転車に乗っていない男性1名に女性1名(私)の4人で
サイクリングスタート。

加賀温泉駅スタート ⇒ 水辺の回廊自転車道(上河崎) ⇒ 大聖寺敷地町 ⇒ 永井町 ⇒ 鹿島の森 ⇒ 塩屋海岸 ⇒ 竹の浦館(瀬越) ⇒ 大聖寺で昼食 ⇒ 山代温泉で足湯 ⇒ 山中温泉 ⇒ 
四十九院トンネル ⇒ 桑原ゴール




スタートから約2時間、笑顔だった私の顔は曇りだし、言葉数も極端に減ってきます。
普段から運動をしているので、体力には自信があったのですが・・。
午前10時から午後4時、約50㎞の道のり。向かい風や長く緩やかな坂道、20~30km/hの
ハイペース(?)が続き、さすがに帰って来た時には精も根も尽き果てた状態。

正直、クタクタになりましたが、普段は車で通り過ぎている道でのちょっとした景色、初めて見た風景など、
サイクリングならではの新たな発見がたくさんありました。また、風の音、木々のざわめき、稲刈り後の
田んぼの匂いなど、全身運動プラス五感をフル活動させて心地良い気分を感じることができ、充実した
一日でした。


永井町DSC_0122
永井町付近の自転車道入口:9月30日撮影

塩屋海岸DSC_0044
少し風が強い日の塩屋海岸:9月30日撮影

大聖寺DSC_0169
大聖寺岡町付近の自転車道入口:9月30日撮影

結論、加賀市にはいたる所に自転車道があり、山、海、川、おいしいものなど、目にも心にも楽しめる
場所がたくさんあるので、サイクリングには最適。ただ、知らない道だと少し迷いそうなので、
サイクリングマップは必需品。
そして、初心者の方は、まず20~30㎞くらいから始めた方が良いかもしれません。(R)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
加賀温泉郷2010正月 雪の山中温泉 カニ汁大鍋

全般

2010/01/03 Sun


新年の山中温泉 続編です。

雪の中、恒例となったの名物「新・カニ汁大鍋」が振る舞われています。
あの和食の鉄人で知られる道場六三郎さんのレシピです。
頭に(新)と付いているのは、道場さんの新しい隠し味が加わったから。
いったいどう変わったのか興味がわきますねぇ。

山中温泉ゆげ街道 カニ汁大鍋 kaga yamanaka onsen

毎日仕込みと振る舞いを担当しているのが「かあちゃんの会」の皆さん。
山中漆器職人の奥さんたちで作る有志グループです。
雪の日も風の日も毎日です。ほんとうにご苦労さまです。
休憩所の中には掘り出し物の漆器が、友だち価格で販売しています。
ほんものの塗り椀が市価の半額以下で買えたりするのでぜひ自分のお土産にどうぞ。

このカニ汁大鍋は3月31日まで。
毎朝10:00~11:30
一杯200円で、身も心もとても温まりますよ。 (O)

山中温泉 総湯 菊の湯 kaga yamanaka onsen
これは住民の社交場「菊の湯」 いわば町の共同浴場ですが、温泉地の歴史と文化そのものが味わえます。入浴料大人420円(石鹸やシャンプーは持参のこと) 早朝と夕方はまるで町の寄り合いのようです。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 森村誠一さんの「奥の細道」道中

全般

2009/07/07 Tue
森村誠一 奥の細道 山中温泉あやとりはし

ミステリーの巨匠森村誠一さんが松尾芭蕉の足跡をたどる
森村誠一×奥の細道プロジェクト」の取材で加賀市を訪れました。

芭蕉は、奥の細道の中でも8泊という長逗留。しかも温泉三昧。
よほど山中温泉の空気が長旅の疲れを癒し、肌に合ったのでしょうね。

ご案内役は、山中温泉の守護、医王寺の鹿野住職。

「行脚の楽しみここにあり」と、芭蕉が手を打って喜んだという鶴仙渓
黒谷橋、芭蕉堂、道明ヶ淵、芭蕉の館、泉屋跡などを訪ねました。

駆け足の取材でしたが、
「この町は芭蕉の足跡がとても色濃く残っていますね」、と森村先生。
当時の芭蕉の気持ちが伝わってきたのか、二句飛び出しました。

このたびの様子は、webサイト「旅の発見」や、雑誌「毎日が発見」で紹介されます。

森村誠一 奥の細道 山中温泉芭蕉の館
森村先生が近年ライフワークとなっている「写真俳句」 芭蕉の館の庭をデジカメで撮影中

森村誠一 奥の細道 山中温泉
芭蕉が逗留した泉屋跡と総湯「菊の湯」にて 右から、鹿野住職、森村さん、角川GHの角川歴彦会長

芭蕉の館 山中温泉

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear