北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
山田宗美展が開催されました。

イベント情報

2016/07/09 Sat



今日(7/9)から加賀市美術館で『鉄に生命を吹き込んだ男 - 没後100年 鉄打出の名工 山田宗美展』が始まりました。


山田宗美展_大熊氏20160709



開催初日は人気テレビ番組で鑑定士としても活躍している大熊敏之氏(富山大学大学院 芸術文化学研究科 教授)によるギャラリートークが行われました。多くの方が参加し、大熊氏の1つ1つ丁寧な解説に聞き入っていました。



山田宗美は大聖寺藩御用の甲冑師の家系に生まれ、父、宗光に象嵌・鍛金を学び、明治時代にパリ万博やセントルイス万博など多くの博覧会に出品し、名声を高めていきましたが、大正5年、当時の芸術家にとって最高の名誉である帝室技芸員に内定しながら、その発表を前に、44歳の若さで世を去りました。

宗美が20歳のときに生み出したのが「鉄打出(てつうちだし)」と呼ばれる、硬くて薄い1枚の鉄板を、熱して打ち出し、打ち絞り、全く溶接によらず立体的な造形をつくりだすという独自の技法です。

誰もが息を呑む、独りの天才が起こした”奇跡”でした。
しかし詳細を伝える資料は残されておらず、現在は誰も再現できない「幻の技法」と言われています。


山田宗美展_鉄打出鼠置物20160709
「鉄打出 鳩置物」


一見とても重そうなこの鳩置物。
重さは1kgと、500mlのペットボトル2本分しかありません!


山田宗美展_鉄打出鼠置物20160709
「鉄打出 鼠置物」

こちらの鼠置物は、185g!
いつも使っているスマートフォンとほぼ同じ重さということに驚きです!!!


本展では、宗美作品のみならず、父の宗光、筆頭弟子の黒瀬宗世の作品、二代海野美盛(宗美と交流を温めた金沢の彫金家)、米沢弘安(宗美に傾倒し、鉄打出に自らの創意を加え、象嵌を施した金沢の金工家)らの作品に加え、甲冑師の流れをくむ金工家たちが、その技の粋を集めて制作した「自在置物」の数々も展示されています。

9月4日(日)まで開催されています。
イベントも多数用意されていますので、ぜひこの機会に宗美芸術を堪能ください。

山田宗美展の詳しい情報はこちらからご覧ください。
http://kagashi-ss.co.jp/bijyutukan/sobi_yamada/

( Y )

 関連情報
-----------

 『加賀市美術館』

【営業時間】10時~18時(入館は17時30分まで)
【 定休日 】火曜日(祝日は営業)
【 入場料 】<常設展> 
      一般300円 75歳以上150円
      高校生以下、障害者は無料
      <山田宗美展>
      一般500円 75歳以上250円
      高校生以下、障害者及び付添1名まで無料

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
全昌寺で語られた大聖寺藩の一大事 「前田釆女(うねめ)ものがたり」

イベント情報

2015/01/21 Wed
前田釆女(うねめ)ものがたり1
「1709年5代将軍綱吉が死去し、その法要が行われた上野寛永寺で事件は起こった…」

ストーブの炎がゴーゴーとうなる中、野田さんは静かな口調で語り始めました。

前田釆女(うねめ)ものがたり2
大聖寺新田藩主 前田釆女利昌が、
織田一族の大名である織田監物秀親を書院廊下に呼び出し刺殺。
まるで「1701年 赤穂の刃傷事件(忠臣蔵)」を思い出させる事件でした。

二人の間に何があったのか。
事件後、大聖寺藩はどうなってしまったのか…

興味深い語りの時間はあっという間に過ぎ、、

前田釆女(うねめ)ものがたり3
その後は、お抹茶と和菓子をいただいて

前田釆女(うねめ)ものがたり4
ガイドの方と共に全昌寺内を拝観しました。

「前田釆女ものがたり」をはじめ大聖寺にはさまざまな歴史秘話があります。
寒い北陸ですが、歴史にふれながらの寺巡りもおすすめです。

大聖寺の観光ガイドをご希望の方はコチラ。大聖寺藩十万石城下町をご案内致しております。

(T)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
大聖寺 十万石まつり

イベント情報

2014/09/14 Sun
十万石まつりのメーンステージと古九谷大皿みこし

今年の十万石まつりは、9月13日(土)と14(日)の2日間。

まつり初日の13日は、古九谷大皿みこしの町内練り歩き、万燈みこしの担ぎ上げ、花火大会などが行われました。
メーン会場の加賀市役所前では、ステージやイベント広場でさまざまなイベントもあり、たくさんの人で賑わっていました。

『古九谷大皿みこし』と『万燈みこし』、そしてお祭りの様子を、ぜひ動画でご覧ください!

(A)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
温泉ライダー in 加賀温泉郷2014

イベント情報

2014/05/25 Sun
温泉ライダー in 加賀温泉郷2014

1周4.1kmのコースを、決められた時間に何周できるか競う耐久レース!
トップ集団は自転車とは思えないくらいのスピードで通過していきます!!
会場の片山津温泉ホテルアローレ前では、声援を送るチームメイトや家族、それにこたえるライダーたちで盛り上がっていました。

また、自転車関係のブース以外にも、飲食ブースやふるまいブースがあり、たくさんの人で賑わっていました。
ちょっと珍しい熱気球に乗れるコーナーもあって、こちらは子供連れのファミリーに人気のようでした。

(A)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
身も心も温まる~

イベント情報

2013/12/07 Sat
かに汁大鍋
カニと甘エビの出汁が出ていて具だくさん!
山中温泉の冬の名物『大鍋の振る舞い かに汁大鍋』です。

温泉街の散策途中にぜひ!温まりますよ~。
11月~翌年3月までの5か月間毎日開催されていますが、時間内でもなくなり次第終了なのでできるだけ早めの時間に行かれることをおすすめします。

(A)

期間:平成25年11月1日~平成26年3月31日
時間:10時~11時30分
場所:山中温泉 ゆげ街道「町人旅人亭(まちびとたびびとてい)」
料金:1杯200円
※駐車場は、周辺にある無料の観光用駐車場をご利用ください。

町人旅人亭

大鍋の振る舞い

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
山代温泉のカニまつり!

イベント情報

2013/11/10 Sun
海鮮カニ鍋

山代温泉のはづちを楽堂とその周辺で『やましろ湯の曲輪まつり ~食い初めカニまつり~』が行われました。

毎年、11月6日のズワイガニ漁解禁後の日曜日に行われているこのイベント。
今日はあいにくの雨でしたが、それでもたくさんの方で賑わっていました。

カニの特売、海鮮カニ鍋、地元のお店の屋台、婦人会のバザーなど盛りだくさんで、特に、旅館の調理師さんたちが仕込んだ800食限定の『海鮮カニ鍋』が人気のようでした。
みなさんおいしそうに召し上がっていました。(もちろん、私もおいしくいただきました!)

(A)



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
ワッショイ!ぐず焼まつり

イベント情報

2013/08/30 Fri
ぐず焼まつり
8月27日(火)19:00頃の動橋町(いぶりはしまち)。
青年会ぐず(左)とぐず連ぐず(右)のツーショットです!
威勢のいい掛け声と笛の音、そして太鼓の伴奏に合わせ、ぐずを担いだ若者たちが町内を練り歩きます!!

このお祭りは、加賀市動橋町で毎年8月27日~29日の3日間行われる奇祭『ぐず焼まつり』。
災厄の象徴・グズ(ゴリの形をした十数メートルの張子)を担ぎ、町内を練り歩いた後、振橋神社でグズを火の中に放り込み五穀豊穣を願うお祭りです。

22:00頃までぐずを練り回し、そのあと振橋神社で焼却退治が行われました。
今回は始まりの20分ほどしか見ることができなかったためお祭りのほんの一部だけですが、迫力ある動画もどうぞご覧ください!

(A)



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear