北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
これぞ北陸の冬空

季節情報

2007/12/31 Mon
北陸の空模様

あっという間に大晦日です。
秋の冷え込みが早かった割には、師走に入っても晴天が続いて
「まるで小春日和やなぁ、日本海側のじゃないぞ、これ」
「童謡じゃないけど、北陸でも正月に凧上げが出来るんじゃない」
と、北陸育ちのわれわれは首をかしげていました。

ちゃんと来ました。寒波が。
年末年始の天気予報は見事に雪マーク。
29日の気温が16℃だったのが30日には5℃と、その差11度!
堪えます。
今日31日の朝はさらに冷え込んで最低気温が1℃。
うっすらと雪が積もりました。
JR加賀温泉駅は、年末年始を温泉で過ごすお客様でいっぱいです。
コインロッカーも早い者勝ち状態。
旅・まちネットの窓口も、観光のご案内で大忙しです。

外に出れば北陸の空が来ていました。
日が差したかと思うと、一転にわかに暗くなって霙(みぞれ)がバラバラと。
「弁当忘れても傘忘れるな」とは地元の有名なことわざ。
見てください写真の上半分の見事なグレー55%のベタ。
画像ソフトの塗りつぶしを使ったのではありませんよ。
空一面に低く垂れこめる「雪雲」、これぞ北陸の空です。
灰色の巨大な暗幕が「ゴゴッ、ゴゴッ」と頭上を動いている感じですかね。
新雪が光る鞍掛山に、徐々に迫っています。

雪空の下で露天風呂に入るのも、北陸の温泉ならではの風物詩。
ごゆっくりと加賀温泉郷の正月を楽しんで、良いお年をお迎えください。
(M.O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 季節情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
お正月の準備

その他

2007/12/31 Mon
もちつき

いよいよ今年も残すところ今日1日となりましたね。
皆さんも終わってみるとあっという間の1年だったのではないでしょか。
年の瀬の忙しなさも今日一日で終わるかと思うとどこか寂しくもありホッとする気もします。
さて、我が家の一番のお正月の準備といえばやっぱり餅つきです。昨年も記事に書きましたが今年も書きます。(昨年の記事はこちら http://tabimati.blog79.fc2.com/blog-entry-19.html)
この日は多くの親戚が集まって手伝ってくれます。子供たちは朝からハイテンション!大人は大変、子供はワクワクの一日です。
ついた餅は元旦にお雑煮にして1年で一番最初に食べる食事になります。このお持ちが無いとお正月を迎えられない(H)家でした。
KAGA旅・まちネット事務所もミニ門松や(H)家特製のミニ鏡餅などお正月らしいお飾りをする予定です。
正月3が日には1日100名様限定で辻占をプレゼントいたします。JR加賀温泉駅へお越しの際はぜひお立ち寄りください。
それでは皆様良いお年をお迎えください。(H)
もちつき

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
疲れを癒そう「忘年会」

その他

2007/12/30 Sun
矢田屋松濤園

今年は能登半島沖地震やKAGA旅・まちネット事務所の移転など想定外のことがあった1年でした。
来年は・・・と考える前にとりあえず今年の苦労をねぎらう忘年会。
今年は片山津温泉にある矢田屋松濤園です。矢田屋さんは10月の商品説明会の際に参加させていただきました。
その縁というわけではないのですが、不思議なものでまたお邪魔することになりました。

矢田屋さんの料理は「年がら年じゅう、えび、かにが出てくる旅館料理をあえて廃し、季節の地の食材を、技巧にとらわれずアレンジし、素材を生かした素朴なコース料理」(矢田屋HPより)が特徴で、立場料理をテーマにしています。
食事の基本であろう「楽しく、美味しく食す」を満喫してきました。忘年会で温泉でのんびり・ゆったり1年の疲れを落として新年を迎える、これも温泉文化のひとつでしょう。
最近の旅館は朝食にも力を入れていて、朝食も美味しかったです。

矢田屋さん記事しか書けていませんがたまたまです。取材にご協力いただける旅館募集していますので、ご連絡ください。(H)
矢田屋松濤園

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
木漏れ日の文様

その他

2007/12/26 Wed
菅谷町八幡神社

今日、来季の百万石ウォークのパンフレット用画像撮影のため山中温泉菅谷町に出かけてきました。
菅谷町は古くから轆轤(ろくろ)挽きの職人さんが多く住む地域で「ろくろの里」としてまちづくりをしています。
ここにある山ぼうしというお店では轆轤挽きの体験や蕎麦打ち体験などができ、そばや郷土料理の食事をとることもできます。
今日は快晴でとても日差しの柔らかい日ということもあり、近くにある八幡神社の木々からこぼれる光がどこか神秘的でした。
まるで、石畳に文様が現れているようです。
そういえはこちらにある神社にはどこも立派な巨木があり、神秘的でどこか厳粛な雰囲気をかもし出しています。
八幡神社にも推定樹齢1400年といわれ国の天然記念物に指定された三又の大杉があります。
神社巨木めぐり。取材したら面白いかもしれませんね。(H)
菅谷町八幡神社

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
和食の鉄人、健在なり。

その他

2007/12/23 Sun
道場六三郎

テレビ番組「料理の鉄人」で無敵の強さを誇った道場六三郎さんは山中温泉の生まれ。
ホテル百万石の100周年イベントに出演されると聞き取材に出かけました。
「3日後に誕生日で77歳。喜寿です」とご本人。
元気そのものです。変わりません。早口もそのままです。
「そこにいる姉は90歳。いくつになっても頭が上がりません」
会場に来ていた実家のお姉さんを見つけ、思わず手を振っていましたね。

六三郎レシピを弟子の板長が説明したあと、寒ブリ一本をみんなの前でさばいて鰤しゃぶに。
次々と多彩な料理が供されていましたが、六さんマジックはこの一品。
餅とサトイモをすりつぶし、中にくるみを混ぜて片栗粉をまぶして揚げた団子です。
「行き着くところは子供のころの味の記憶。おふくろの味です」
華やかな献立の中で、素朴な優しい味が光っていました。

12月1日~3月31日まで毎日、
山中温泉のゆげ街道では“道場六三郎”レシピのカニ汁が振る舞われます。
10時~11時30分、1杯100円で大人気。
雪景色の頃がいっそう美しくなる山中温泉、街中散策の折りにぜひ温まってください。
道場六三郎

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
自由と歴史 名窯「青泉窯」

名産・特産

2007/12/21 Fri
北出不二雄、北出博嗣

九谷焼窯元の青泉窯。加賀を代表する名窯である。
今回、来年3月に創刊される旅雑誌「旅咲」の取材依頼があったのでご紹介させていただいたところ快く取材を受けていただいた。
取材の合間に、北出不二雄先生にお話を聞くことが出来た。
以前から先生に聞きたいと思っていたのだが、不二雄先生、弟子の北出博嗣さん、稲手忠弘さん、山下一三さん、苧野憲夫さん、この5人の作風が全く違うのである。
素人の私には単純に窯元によって受け継がれる作風があると思っていて不思議だったので聞いてみた。
すると先生は「受け継いでいるのは技術。作風は自分の作りたいものを作ればよい。そうでないと楽しくない。」と答えてくれた。
納得の一言。器は楽しくないとつまらない。自由という歴史もあると思い知らされた。
旅咲出たら読んでみてください。楽しい取材だったのでいい記事になってると思います。(H)
北出不二雄

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
山代温泉のうまいもん処 一力

その他

2007/12/17 Mon
一力看板

山代温泉でお酒も食事もすすむ店ってどこですか?」と聞かれれば、相当多くの人が「そりゃ、一力行っとけば間違い無い」と答えると推測する。
加賀には“預金講”という風習がある。同年が集まり、葬式の手伝いやお伊勢参り資金を積み立て共に参る、そんな仲間たちの会である。
私の入っている預金講は毎月集まり酒を酌み交わしながら、たわいも無い話で盛り上がる。そんな仲良しグループの会が今回は山代温泉の一力であった。
一力は小料理屋というほど敷居は高くないが、居酒屋というにはもったいない雰囲気の良い店。そこでべる地元の材を使った料理は普段よりお酒の進みを早くする。
今回は寄せ鍋がメイン。タラ、カキ、白子と旬の材を楽しむ。鍋には日本酒が合う。地元の酒が無かったのは少し残念だったが、最後には雑炊で〆て腹具合も酔い具合も最高潮のメンバーは夜の温泉街へ消えていくのであった。
しかし、ただでさえ下手な写真。酔うと大変なことになってます・・・(H)
一力寄せ鍋

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
神門

観光スポット

2007/12/14 Fri
菅生石部神社神門
大聖寺にある菅生石部(すごういそべ)神社の神門。
築約200年の加賀市指定文化財になっている門である。
建築の際は、大聖寺藩主や有力町人らの寄進により、大聖寺藩だけではなく本藩である百万石加賀藩の大工棟梁を動員して造立された。
梅鉢紋の透かし彫りなど当時を偲ぶことが出来る。
菅生石部神社では、毎年2月10日に「御願神事」が行われる。白装束に身を固めた30名ほどの若者が、長さ2メートルほどの青竹を境内の石畳などに叩きつけて大蛇を追い払うという奇祭である。最後には大蛇に見立てた約25メートルの大繩を橋の上から大聖寺川へ投げ込む。
1300年前から伝わるというこの神事は、別名「竹割まつり」として親しまれている。
市内の紅葉は終わり、冬支度が本格化しそうな今日この頃。(H)
菅生石部神社

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 観光スポット | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
列車の旅にぴったりのお弁当

名産・特産

2007/12/09 Sun
駅弁友禅弁当

ひさしぶりに高野商店の駅弁「加賀友禅」をべました。
ちょっと昔、出張や妻と旅行に出かける折には、車中ではいつもこのお弁当でした。
酒飲みの私は、列車の旅の楽しみといえば、一杯飲みながらのんびりと車窓を眺めること。
そんな時、酒の友にはこのお弁当がピッタリで、ふんぱつして買ったものです。
22種類のおかずが入っているので、いろんな味が楽しめてお酒が進みます。
真ん中に梅鉢型のご飯がドーンと置かれて、以前とは中身の配置が変わったようですが、あいかわらず豪華な印象です。
そういえば昔は1,000円だったような?今は1,200円ですね。
でも高野商店の弁当は他の駅に比べて、どれも値段の割に良心的だと思います。
色とりどりのおかずをひとつずつつまみながら、まだ子供が生まれてなかった頃、妻と二人で旅行した記憶が蘇ってきて、なんか気恥ずかしいようなむずがゆい気分になりました。
高野商店は創業が明治29年という老舗の駅弁屋さんで、今は若き30代の四代目が後を継いでがんばっています。
聞けば毎日午前2時に起きてご飯炊きを始めるのだそうで、「いやー、こんな時間に仕事を始める職場では、なかなか勤めてくれる人がいないので」と。なるほど、たいへんです。
弁当屋四代目の悲喜こもごもが伝わるブログも楽しいです。http://blog.livedoor.jp/ottakara/
最近人気の「焼き鯖すし」900円も、脂が乗っていて美味。切ってあるのでべやすい。(M.O)
駅弁焼き鯖寿司

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
2007皿鉢展

名産・特産

2007/12/08 Sat
山下一三

12月6日から開催されています皿鉢展にやっと行ってきました。
会場は大聖寺にある下出美術店。下出さんでは毎年皿鉢展を開催し、地元陶芸家の作品を買うことが出来ます。
なかには、地元では買うことの出来ない作家さんもおいでになり、地元民でも貴重な展覧会です。
私は昨年初めてお邪魔したのですが、今年も行くことができてよかったです。
そして今日はラッキーなことに出品している作家さんで山下一三さんがおいでになりお話しすることが出来ました。
山下先生からは「器を見るときは、使う様子を想像しながら見ると楽しいよ」とアドバイスいただきました。
そうやってみると、「この器で飲む酒はうまいだろうなぁ・・・」と楽しくなってきます。
山下先生の作品は楽しさの詰まった器で、器とは食事を楽しむ重要なアイテムだということを教えてくれます。でもって、手に持った感じがやさしい。
当然、買ってしまいました!まだ嫁に内緒なのも当然です・・・
そのほかにも心をくすぐる器がたくさんありましたが、今年はこれでガマン。来年また買います。
大聖寺にお出かけの際は、お気軽にのぞいてみてください。お気に入りの一品が見つかるかも。(H)
苧野憲夫

○出展作家(敬称略、50音順)
苧野憲夫、稲手忠弘、佐藤亮、高橋芳宣、徳村達、中村久一、正木春蔵、山下一三

【会期】
平成19年12月6日(木)~11日(火)まで
【会場】
下出美術店
加賀市大聖寺東町4-18
TEL 0761-72-0105

拡大地図を表示

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear