北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
加賀市ロシア協会の料理講習会へ

その他

2008/05/26 Mon
加賀市ロシア協会

「今度、ロシア料理の昼食会をするから見に来てよ」
と、日ごろ親しくさせていただいているロシア協会のY.Oさんからお誘い。
食い物にはめっぽう卑しい愚生は、何も知らずのこのこと参上して、ビックリ。
なんと、そこは総会の席、○○議員がズラ~リと。(もう!Y.Oさん、ちゃんと話してよ)
ま、来た以上は臆病がってもいられず、ロシアのみなさんに取材、取材。
当日の献立は、ロシア風グラタンの“ザベカンカ”
そばの実を使ったスープで“グリーチニヴイ”
あと、オレンジシロップを使ったデザート
ロシア人はお粥が好きで、そばの実のお粥は、糖尿病の改善食として
ロシア帝国時代からポピュラーな料理らしい。
今回のスープはそのアレンジでしょうか。
シベリア抑留経験者も3名来ていて、「そばのスープで当時を思い出した」、とか。
なんとも複雑気持ちになりますね。
写真のかわいい子供、お母さんの名前を聞いたら、
なんと、知り合いの奥さまでした。
先日の吉崎蓮如忌で久しぶりに会ってから、立て続けにI家のみなさんに3度目。
不思議なものです。(O)
加賀市ロシア協会

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
天然、天日干しワカメ

名産・特産

2008/05/24 Sat
橋立ワカメ漁

「天」が二つ並びました。
いつも出張の折に手土産として必ず持っていくのが
加賀橋立産の「粉わかめ」。
みなさん喜ばれます。
贅沢な一品ですが、ほんとうに値打ちがあります。
とくに初夏のころのものは香りがすばらしい。
市販のふりかけを食べられなくなります。

やっと念願かない天日干しの作業を見ることができました。
漁師の出村詩朗さんにお願いし、お宅にお邪魔しました。
漁場に毎朝6時に出て9時に戻ります。
急いでワカメを軽トラに積んで作業小屋まで運び、
大きなおむすびを一個ほおばっったらすぐ
「2回目の漁に行ってくるわ」と、船にとんぼ返りです。
お年を聞いたら「失礼やな。70歳や」と。
えーっ、潜水漁を2回立て続けですよ。
しかも一回の収穫は、ゆうに100kgはあったと思います。
手際よくメカブと茎に切り分けられたワカメは
一本一本洗濯バサミでつるされ、あっという間に庭いっぱい。

これでまた一層、「粉わかめ」のありがたみが増しました。
今度は近々、手もみと瓶詰め作業を突撃取材する予定です。
乞うご期待!
(出村さん、今度は早めに連絡、お願いです...
「あと15分で港に着くけど、来れるか?」って今日の電話、
いくら狭い加賀市でも、あのそれって無理です(T_T))
(O)
橋立ワカメ天日干し

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
ろくろの里 山中温泉菅谷町

全般

2008/05/20 Tue
人間国宝を輩出するなど、日本の頂点といえる山中漆器ロクロ技術。山中漆器のルーツは、今から四百年以上もの昔、越前の木地師たちが良材を求め深山に入りロクロで椀や盆などを作っていました。その民が山中温泉の奥地「真砂村(まなご)」に移り住みロクロ技術を伝えたことが始まりといわれます。現在、多くの木地挽き職人が住む山中温泉菅谷町は大聖寺川の上流の里山(山中温泉街から車で約5分ほど)です。
ろくろ挽き
(上記画像 山ぼうし提供) 

今月24日(土)、31日(土)、6月7日(土)の3回 山中温泉菅谷町を地元ガイドの案内でめぐります。今日はガイドさんと事前にコースを歩いてきました。山の緑、田んぼの早苗、水の流れる音などが気持ちを穏やかにさせてくれます。コースでは山中漆器の塗りとロクロ挽きを見学し昼食は前にブログに書いた「山ぼうし」さんの手打ち蕎麦をいただきます。まだ定員に余裕があるのでぜひご参加ください。
 初夏のろくろの里で、木の温もりと清々しい新緑を感じてください。(K)
菅谷町の風景


●詳しくは↓
http://www.tabimati.net/db_view.php?id=1117

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
花のなごり。富士写ヶ岳

季節情報

2008/05/14 Wed
富士写ヶ岳

久しぶりに富士写ヶ岳に行ってきました。
4、5年ぶりでしょうか。
18日に予定している福地山への足慣らしです。
(2月に体調を崩してから、里山でもしんどくなったので...)

いつも我谷コースだったので、今回は初めて大内コースから。
予想最高気温が18度。
いきなりの急登、しかも切通しのような狭い道が続きます。
我谷コースもそうですが、雨の時はやめたほうがいいです。
滑ります。危ないです。
このコース、以前に下りだけ使ったことがあるけれど、
「こんなに展望がきかなかったっけ?」
記憶が消えてしまっています。
息を整えながらひたすら登りつづけます。

頭上の明るさが増して、そろそろ尾根が近くなるあたり、
富士写名物の「石楠」がまだ咲いていました。
ほとんどは枯れかかっていますが、日陰のものはまだ見ごろです。
先日の蟹ノ目山に続き今年2度目の石楠、さすがにもう腹いっぱい。
ツツジやヤブツバキは終わりです。

子供を学校に送り出してから出発しても、昼ごろには帰ってこれます。
田舎に住んでいながら「避衆」したくてたまらないこの頃。
その気になれば海に山に、日常逃避が半日でできるところが、なんといってもわが町のよさですね。
(でも、頂上は平日にもかかわらずシニア登山家でいっぱいでした)
(M.O)
富士写ヶ岳

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 季節情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
かがっこ自然塾 棚田で田植え体験

その他

2008/05/13 Tue
かがっこ田植え体験

おとぎ話に出てくるような山村があります。
周囲を広葉樹の山に囲まれた戸数四戸の村です。

加賀市内の小学校から募集した児童たち約30人が
この山里で一年を通してさまざまな体験学習を行います。
今年度の始まりは「田植え」。
小さな棚田で、昔ながらの道具を使ってひとつひとつ手で植えます。
木枠を転がして田んぼに方眼を描いたり、耕運機の代わりに大きな石を引き回して土を均したり、鍬で丁寧に畦をつくったり。
田んぼの深さに足をとられて、田植えどころか歩くのがやっと。
植えているのか壊しているのか分かりません。
後で手直しする地元の方がたいへんです。

この村には、驚くほどおいしい湧き水があります。
「手を洗う以外は水道の水は使わない」と、お世話役のNさん。
清らかな水で育つ山間地米。沸き水で炊くご飯。
おいしいです。
この日作っていただいた「ほおばご飯」、
朴の葉を開けば、ご飯にきな粉がかかっているだけなのに、
これがまた、米そのものの味を引き立ててびっくりのうまさ。
あっという間に食べてしまいました。

昔ながらの田んぼだから、オタマジャクシやイモリがいっぱいいます。
水路の石をめくればサワガニも。
美しい水が無ければ生息できない生き物ばかり。

この自然塾の子供たち、一年しっかり遊び、学んでほしいですね。
そして10年後、20年後、どんな記憶として残っているか興味深いです。
(M.O)
かがっこ田植え体験

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | その他 | コメント(0) | TB(1) | ▲ top
お薬師さん(山中温泉)

全般

2008/05/10 Sat
 医王寺は山中節の一節にあるように「忘れしゃんすな山中道を 東や松山 西や薬師」山中温泉街の西方にあります。また医王寺の前の国道364号からは山中温泉街が一望できます。
 今日は山中温泉医王寺にお伺いしました。
医王寺

 医王寺は「お薬師さん」と親しまれ正式には「国分山医王寺」といいます。(真言宗高野派準別格本山)お寺の始まりは奈良時代の高僧「行基」が温泉を発見し、薬師如来を湯舎に安置したことが始まりと「山中温泉縁起絵巻」に記されています。
山中温泉縁起絵巻

 ご住職のお話は楽しく山中温泉に縁の深い芭蕉や山中節などなど聞かせていただき楽しいひとときでした。昔から温泉で身を癒し、お薬師で心を癒す湯治客がたくさんいたように心身を癒してみませんか?(K)

 お薬師の宝物殿には山中温泉縁起絵巻や国指定重要文化財の「陶製金剛童子立像」、松尾芭蕉の「芭蕉の忘れ杖」などありお願いすれば拝観できます。
境内には甘い水がわくといわれる甘露水があります。
甘露水

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
蟹ノ目山(がんのめやま)登山

全般

2008/05/07 Wed
5月5日。お休みを利用して久ぶりの登山。10年前に富士写ヶ岳に登ったのが最後。富士写ヶ岳より少し低いし大丈夫かな?と軽い気持ちで登山。(10歳年を重ねていることを忘れていたK)

蟹ノ目山は3年前に深田久弥を愛する会・加賀ハイキングクラブが登山道を開設され存在だけは知っていました。今回の登山のきっかけは加賀市内の山は制覇!してみようかなぁ(弱気です。)と、一眼レフカメラ特訓の2つ。
8時30分山中温泉荒谷地区生活改善センター集合。ちょっとストレッチ後出発。蟹ノ目山は登山口まで約2キロの平たんな林道を歩きます。道脇にはいろんな花がありカメラを向けたりしながら進んでいると足元にシマヘビ。油断大敵。私は案の定、登山口にたどり着く前にちょっとした物音にも敏感に反応する始末。
登山口

蟹ノ目山は石楠花コースと大平尾根コースがあり私達は石楠花コースから登ることに。実は以前蟹ノ目山を登った人に「ハイキングみたいで楽ちんやよ。」と聞いていたのですが私の感想は「うそ?急なジグザグ道。体力もたないかも。」頂上にいくまでに3、4回は脈拍が他の人に聞こえているのでは?という所がありました。(コースははじめ急坂ですが、しだいに傾斜もゆるくなります。)体は辛くとも目に映る柔らかい緑と鳥の声に励まされナントか頂上へ到着。
不思議な形の木

(山頂直前に出迎えてくれた不思議な形の木 ちょっと恐竜似?)
蟹ノ目山頂上からの眺望

頂上からは加賀市平野部から日本海まで一望でき大パノラマ。ひとまずホッとしたところで昼食。そして大平尾根コースから下山。途中石楠花が咲いていました。富士写ヶ岳はもう見頃が終わったと聞いていたのでちょっと得した気分です。

大平尾根コースはやぶ椿、石楠花など花があり歩いていても楽しめ、ぶな林からヒノキの林にガラッと変わり風景も楽しめました。

翌日、スニーカーだったためというよりただ単に運動不足のKは筋肉痛。登山するならトレッキングシューズは必要ですね。(K)


●蟹ノ目山(がんのめやま)
標高689m。蟹ノ目山は市内を流れる動橋川と大聖寺川に挟まれた江沼中央山塊の主峰です。かつて深田久弥が「蟹ノ目山は頂に大木が2本あって、あたかも蟹の目の様に見えた、これを訛ってガンの目山という」と紹介し、若かりし久弥が愛した山だそうです。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
栢野大杉茶屋

名産・特産

2008/05/06 Tue
栢野産竹の子

ゴールデンウイーク最終日、今日もいい天気でした。昨日雨が降ったのもあって、山々の緑がとても美しい日となりました。
そのGWに賑わうお店といえば、山中温泉から車で5分ほど川を上ったところにある「栢野大杉茶屋」。
推定樹齢1300年、国天然記念物の「天覧の大杉」こと栢野大杉のすぐ前にあります。
看板商品は天然蓬を使用した「栢野大杉草だんご」でお隣の福井県からも峠を越えて多くの方が買いに来ています。
そのほかにも栢野で取れた旬の野菜なども販売していて、今日は竹の子がありました。
気候の良いこの時期、ぶらっとドライブがてらに寄ってみては。(H)
栢野大杉

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
アツイ、アツイGW

イベント情報

2008/05/05 Mon
山中漆器祭

いやー今年のゴールデンウィークは本当に暑いですね。
6月上旬を思わせる気温が連日続いており、天気が良いことから日差しが痛い・・・
そういえは、今日5月5日は二十四節気の「立夏」です。
夏の気配が現われて来る頃・・・だそうですが、今年は完全に夏ですね。アツイアツイです。
農家ではGWは田植えの真っ最中!暑い中大変だったと思います。
そんな加賀温泉郷では、3日・4日と山中温泉山中座前で「山中漆器祭」が行われました。
通常より安く山中漆器が買えるということで、沢山の人がお越しになりました。会場ではわんこそばのイベントなども行われ盛り上がっていましたよ。
我等がKAGA旅・まちネットも、お隣福井県あわら市と坂井市の方と一緒にブースを出して盛り上がってきました。(H)
山中漆器祭

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
芭蕉の館にて、高本伯水さん篆刻作品展

イベント情報

2008/05/04 Sun
みなさん、篆刻って知ってます?
石を彫ったハンコ。
ほら、書画の作者名の下に押してある落款が分かりやすいですかね。
たかがハンコと思うなかれ、ものすご~く深い世界です。
起源は中国ですが、今や中国と日本においては「方寸の芸術」と呼ばれ、一つの芸術ジャンルを確立しています。
篆刻芭蕉の館

高本伯水さんは、本業は漆器の蒔絵師さん。
金沢の北室南苑先生に師事して10年、篆刻作品を作り続けています。
南苑先生は、篆刻と書家として、また魯山人や中国古文字の研究者として知られ、ちょっと古臭いイメージのあった篆刻を現代芸術の領域まで踏み込み活動をされています。
高本伯水さんは蒔絵師らしく、文字のほかに肖形を題材にした作品に強く取り組んでいます。
今回の個展のメイン作品である「釈迦十大弟子」は8年がかりの大作とのこと。
会期が残り少なくなっていますが、ぜひ山中温泉の芭蕉の館に足を運んでみてください。
「えっ、これが篆刻?」と、先入観をひっくり返す作品がいっぱいです。
(じつは10年前、高本さんと一緒に僕も習っていたんです。ほんのすこし。高本さんより少し早く入ったのでなんと先輩だったのですが、小器用な僕は早々にものになりませんでした。ちょっと不器用に見えた高本さんは、一歩一歩ガチリガチリと踏み上がり、今回のような素晴らしい作品に到達されました。「地金」の違いです。恥ずかしいです)(M.O)
篆刻芭蕉の館

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。