北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夜の総湯(山代温泉)

全般

2009/07/29 Wed
いよいよ8月2日に、山代温泉の新しい総湯がオープンします。
今の総湯は7月末までの営業になるので、ただいま無料開放中となっています。
散歩がてら、夜の総湯の賑わい具合を見てきました。
浴殿

んー、普段と変わらないかも。
この姿の総湯とも、あとしばらくのお付き合い。約14年間、毎日利用させていただきました。
こちらの湯札(ゆふだ)とも、あとしばらくのお付き合いです。
湯札

そしてこちらは、来月からお世話になる総湯。
新総湯

少-しだけF家の近くになります。
休業日に総湯へ来てしまった時のガッカリ感が、少-しだけ減ります。

山代温泉浴殿(総湯)の無料開放は、31日夜8時までです。
何てことはないフツーの浴場ですが、あちこちで地元の方言が飛び交ってますので
ぜひぜひ無料のうちに行ってみてください。
湯あがりに温玉ソフトを食べたら、更に良いですよ(物は、見てのお楽しみ)。
温泉たまごとソフトクリーム、そしてアイスにかける醤油のコラボ。意外にイケます。
(F)
スポンサーサイト

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
創祀以来1400年余りつづく神事「蝶の舞」

全般

2009/07/26 Sun
7月24日から26日までの3日間、大聖寺にある菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)で「天神講」と呼ばれる夏祭りが行われています。

その中で加賀市無形民俗文化財に指定されている「蝶の舞」を一目みたいと思い、
カメラ片手に張り切って出掛けてきました。

普段であれば、夕方頃に舞殿で行われる「蝶の舞」が、
今回はD-K(デジタル掛軸) LIVEとのコラボで、
夜8時から拝殿の前の石段で行われました。

絶えず変化していく光の中、舞が始まります。
厳粛な雰囲気の中で行われる「蝶の舞」、
舞うのは地元の小学6年生の男の子2人。
まだまだ幼い顔つきでありながら、
舞が始まると、なんとも凛々しい姿に変わります。
また、2人の動きがピッタリなのにはビックリ!!
よほど、練習を重ねているのでしょう。


同じ石川県、同じ神事なのに・・
能登のイケイケのお祭りとは大違い(笑)
連綿と受け継いできた地元の人々の想いと、
この土地の奥行きの深さを感じました。
きっと、2人の少年にとっては一生の思い出でになり、
都会に出ても故郷の情景のひとつとして残るのだろうと思います。


この瞬間を収めようと、必死にカメラのシャッターを切る私。
ところが・・まともな写真は1枚もなく、
せっかく彼らの凛々しい姿を収めたかったのに
無残な写真ばかりのお粗末な結果となりました。


蝶の舞 


どなたか、良い写真を撮られていたら、ご一報ください。
良い写真と差し替えさせていただきますので。
(RS)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 「華鬼」ロケ 地元中学生が大奮闘

全般

2009/07/23 Thu
大ブレークのケータイ小説「華鬼
その実写映画の製作が加賀市で始まりました。

中学生のエキストラを6人探してほしいという依頼があり
撮影日目前で、なんとか地元中学校の運動部生徒をGet

素人だから簡単な役だろうと思っていたら大間違いでした。
なんと、主役と絡むシーンで、演技は要るわ、声も入るわ。

中ボー達、頑張りました。
汗だくだく、散水車で降らす雨でびしょびしょ、靴ドロドロ。

ま、しかし、人気急上昇の逢沢りなちゃんと共演できたんだから
一生の思い出です。幸運です君たちは。

今秋、全国順次公開予定です。 (O)

華鬼ロケ

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 形容出来ぬウマさ・・・橋立の甘鯛

全般

2009/07/20 Mon
橋立は冬のカニだけではない、夏もウマいぞ。
まずは食べて、確かめて、宣伝しよう、という趣旨の試食会です。

橋立 アマダイ

「アマダイってこんなに美味い魚だったのか」

と、正直言っておどろきました。
わたし、自慢ではないですが、よく魚を料理します。
中型から小魚まで、出刃と柳刃でひと通りさばけます。
鮮度を見分ける目もそこそこあると思っています。

が...、今回のアマダイにはやられました。

高級魚の部類ですから、地元のスーパーではめったに見ません。
だから単に自分にとって馴染が薄いからかもしれませんが、
これまで幾度か食べた時の味とは大違いです。

とくに塩焼きとアラのお吸い物には思わずうなりました。
ほっこりとした繊細な身。
うま味を引き出す、抜群の塩加減。
刺身は初めて食べましたが、
柔らかいが、うま味と甘みがあって、真鯛とは全く違います。
(そういえばアマダイは鯛の一種ではないそうですね)

橋立 アマダイ

今回の魚は「こぎ刺し網組合」の漁師さんが獲って、料理はその奥さんたちが。
素材も味付けも素晴らしいものでした。 m(_ _)m 感謝

橋立は、冬のカニだけではない!夏もイカと貝だけではない!(でも岩牡蠣は◎)
今回のアマダイでよく分かりましたね、ホント。
では、どうやって知ってもらうかですが、
手っとり早いのは、漁港周辺の料理屋で定番メニューにしてもらうこと。
たとえば、アマダイ定食
  塩焼き+昆布〆+アラのお吸い物=2,500円 なんてのはどうでしょう?
ただ、一般的な目では献立が地味だし、その割には結構高い感じがしますね。

わかった!

浜値が高いアマダイを売るには、比較する大衆魚の定食が必要なのではないか。
カレイ定食1500円とか、メギス定食1200円とか...(ハハ、単純すぎるか~)

こぎ刺し網も、聞くほど深いし、次の追跡取材は乗船体験だな、こりゃ。 (O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 大聖寺灯ろう流し

全般

2009/07/19 Sun
恒例の「大聖寺灯ろう流し」です。
始まりは昭和26年。
中断した時期もあったが、平成9年から大聖寺文化研究会が受け継ぎ続けています。

夕闇が近づく午後7時。
会場の古九谷の杜公園は、手に灯ろうを持った親子でいっぱい。
思い思いの絵や願いを書いて、灯ろう流しの順番を待っています。

大聖寺 灯ろう流し


「大きくなってこの町を出ても、大聖寺の夏の思い出として記憶に残してほしい」

主催者の思いが伝わり、現在参加者は1000名を超え、灯ろうの数も千数百基。
運営を支えるボランティアスタッフも、10団体、100名以上ということ。
道案内、ろうそく係、川に入っている人、みんな静かに、黙々と支えています。
これが城下町大聖寺のまとまる力、気質なのでしょうね。

この灯ろう流しが終わると、もうすぐ梅雨明け。夏本番がやってきます。 (O)

大聖寺 灯ろう流し

大聖寺 灯ろう流し

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
観光案内所の夏の模様替え

全般

2009/07/17 Fri
いつ明けるのかはっきりしない天気をよそに、
KAGA旅・まちネットでは、夏に衣替えを行いました。

加賀市内の夏の名所の写真を8点ピックアップしました。
案内所のカウンターの上部に掲示しております。
加賀市内の方なら、お馴染みのものから、
まだまだ知られていない所まで・・・・・

一部をご紹介いたします。

夏写真1

向かって左は、9月に開催される動橋の「ぐず焼まつり」、
右は、大聖寺の「燈籠流し」です。

夏写真2

向かって左は、奥谷の梨園の「防蛾灯」です。
右が、「片野の海水浴場」です。

他に4点の写真がありますが、それはいらしゃったお楽しみに・・・
加賀市の夏の楽しみ方のご参考にお気軽にお問合せください。
(HS)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
♪ごりやく ご利益♪

全般

2009/07/09 Thu
片山津温泉守護寺「愛染寺」で大吉の恋みくじを引き当ててから数日・・・

   なんと!!

失くした結婚指輪が見つかりました。 ひょっこり。

マリッジりんぐ
結婚式を含め5,6回しか身につけた事のなかった結婚指輪。
主人とお出かけに張り切って指輪を装着したものの、出発前にガソリンスタンドへ
立ち寄り、気が付いた時には姿がなく _(._.)_
最寄の警察署に紛失届けを出し、ガソリンスタンドの皆さんにも探して頂き、
バックを何度もひっくり返しては探し、通った道を何度も確認し、
剥がせるシート(車内)は全て引き剥がして、徹底的に探したのですが見つからず。
泣く泣く諦めながらも、主人の車に乗るたびに隅っこや凹を捜索し続けて2年。

あれだけ必死に探した車内後部座席の足元に、光り輝く輪っかがひょっこり。
指輪の方から出てきてくれました。
鳥肌&狂気乱舞です。
もう、愛染明王のお導きとしか思えず・・・

近日、お礼参りに行ってこようと思います。
ご利益 ごりやく♪     (N )

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
 森村誠一さんの「奥の細道」道中

全般

2009/07/07 Tue
森村誠一 奥の細道 山中温泉あやとりはし

ミステリーの巨匠森村誠一さんが松尾芭蕉の足跡をたどる
森村誠一×奥の細道プロジェクト」の取材で加賀市を訪れました。

芭蕉は、奥の細道の中でも8泊という長逗留。しかも温泉三昧。
よほど山中温泉の空気が長旅の疲れを癒し、肌に合ったのでしょうね。

ご案内役は、山中温泉の守護、医王寺の鹿野住職。

「行脚の楽しみここにあり」と、芭蕉が手を打って喜んだという鶴仙渓
黒谷橋、芭蕉堂、道明ヶ淵、芭蕉の館、泉屋跡などを訪ねました。

駆け足の取材でしたが、
「この町は芭蕉の足跡がとても色濃く残っていますね」、と森村先生。
当時の芭蕉の気持ちが伝わってきたのか、二句飛び出しました。

このたびの様子は、webサイト「旅の発見」や、雑誌「毎日が発見」で紹介されます。

森村誠一 奥の細道 山中温泉芭蕉の館
森村先生が近年ライフワークとなっている「写真俳句」 芭蕉の館の庭をデジカメで撮影中

森村誠一 奥の細道 山中温泉
芭蕉が逗留した泉屋跡と総湯「菊の湯」にて 右から、鹿野住職、森村さん、角川GHの角川歴彦会長

芭蕉の館 山中温泉

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
 ろくろの里「工芸の館」がオープン

全般

2009/07/05 Sun
菅谷は、いいねぇ、やっぱり。

観光客に人気の山中温泉「ゆげ街道」から、ちょっと奥へ車で5分。
「ろくろの里」の看板が立つ信号を左へ折れ、
渓谷に架かる平岩橋を渡った山裾の集落が菅谷地区。
温泉街とはうって変わったように、静かな山里の空気に包まれます。
山中漆器の木地挽職人が多く住んでいるので「ろくろの里」と呼んでいます。

ろくろの里 菅谷

何百年と、ものづくりの遺伝子を受け継いできたこの山里に、
7月4日、待望の「工芸の館」がオープンしました。
明治5年築(なんと137年前)、間口11間×奥行5間の豪壮な民家を改築したもの。
住民の辻さんが、ご自分のお住まいを提供されたそうです。

ろくろの里 工芸の館

ろくろ木地挽き、漆絵、手織りといった工芸体験ができます。
もちろん木製山中漆器や九谷焼の作品も展示販売しています。

そして今回思わず惹きこまれたのが「蚕(かいこ)」
この館の向いにある横川さん宅では養蚕(ようさん)をしています。
なんと桑の葉をバクバクと食べる生きた蚕が箱いっぱいに、
その隣りには、糸のもとになるマユを作っている最中の蚕がいます。
はじめて見ました。かなりの感動です。

幼虫からマユ、マユから糸、糸から織物へ。
絹織物が出来上がるすべてがここで分かります。
もうすぐ夏休み。子供たちにもきっと新鮮な体験になると思いますよ。 (O)

蚕
桑の葉を食べる蚕

まゆ
マユを作っているところ (何でこんなにきれいな楕円を作れるのだろうか???)

絹 手織り
マユから採った絹糸と手機

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
片山津温泉守護寺 愛染寺

全般

2009/07/02 Thu
片山津温泉をお守り下る「薬師瑠璃光如来愛染寺」に行ってきました。
町の方に道を尋ねると気さくに丁寧に教えて下さいました。
お陰で難なく到着。片山津の総湯から徒歩で3~4分です。
それでは、階段を数えてみます。

愛染寺階段

なんと61段!到着!!
愛染寺

と思いきや更に先に13段有りました。
本堂にたどり着き、来た道を振り返るとそこには
「お薬師さんが見守って下ってるんだなぁ」と実感する絶景が広がります。

本堂には目にも鮮やかなお守りが並びます。
うさぎ恋むすび守は香り袋になっていてかわいいんです。
愛染福鈴守は白、ピンク、オレンジ等全10色で、迷ってしまいます。

お守り

どれもお手頃で、思わず恋みくじにチャレンジです。

恋みくじ

大吉でしたぁ♪ いろいろ良い御縁に恵まれているようです。

ここ愛染寺には「愛染明王」という縁結びの神様もいらっしゃいます。
恋愛だけでなく、お店とお客さんや、学生と志望校などいろいろな御縁を結んで下さるそうです。
永久の愛を結びたい方は、本堂右の護摩堂で素敵な結婚式がお勧めです。
本当にとても素敵な場所なので、一度参拝がてら、立ち寄ってみて下さいね。
ちなみに、愛染寺は階段が苦手な方にも安心なバリアフリーになっています。
ご心配な方はご住職にご相談下さい。
ご住職のご案内を希望する方も、一度ご連絡されてから向かって下さいね。

毎年8月16日の灯篭流しも必見です。詳しくは下記HPまで。 (N )

http://w2272.nsk.ne.jp/~aizenji/




CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。