北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旧北陸道を歩く

全般

2009/10/30 Fri
加賀市と福井県のあわら市・坂井市との合同で企画している「いいもん探してぶらぶら散歩」の日帰りツアー。
今回は「吉崎御坊跡と旧北陸道散策」。
10月28日、天気は最上、さわやかな秋の日。私もスタッフの一人として同行させていただきました。

コースは、貸切バスで加賀市から福井県の細呂木にある「旧北陸道」をボランティアガイドさんと共に歩き、その後バスで鹿島の森まで移動して散策、食事のあと吉崎御坊跡を見学というもの。
私個人としては、鹿島の森や吉崎御坊跡は何度か訪れたことはありますが、旧北陸道を通るのは初めて。
約4.5キロの道のりで途中坂道もあるそうで、出発前は「健脚の方ばかりだろうし参加者のみなさんに遅れずについて行けるのか?スタッフが途中でバテたらシャレにならない・・」と正直心配した私。

バスを降りて細呂木関所跡を通り、しばらく歩くと「旧吉崎道」と「旧北陸道」の分岐点。
最初少しだけ「旧吉崎道」の入り口でガイドさんの解説。なんと道のこの両側の切通し、手堀りだそうです。
吉崎街道入り口4
昔の人はなんと偉大なことか!


「旧北陸道」ののこぎり坂。ゆるやかな坂ですが日ごろの運動不足が案の定たたって既に息があがりますが、参加者の皆さんは楽しそうに先に進まれます。
私も、負けずに無理やり平気を装います。
のこぎり坂付近

坂を上りきるといきなり視界が開けます。
のこぎり坂すぎ

さらに道を進むと茶屋跡や国境碑が。ガイドの山本さんの名調子!
091028みずといで湯蓮如と北國街道 026

国境碑3


また視界が開け加賀市奥谷の梨園が眼下に。
ここは夏の夜には防蛾灯がともり、幻想的な風景が見られるところ。
奥谷梨園3

橘宿跡。もうすぐ旧北陸道も終点。
橘宿跡
最初だけ坂道が少しきつかったものの、あとは爽やかな気候も手伝って、歩きやすい道のりでした。

最後に立ち寄った吉崎御坊の御山からの鹿島の森。
御坊から鹿島の森
「蓮如さん」もこの景色を眺められたのかも。

道は歩きやすいとはいえ、一部は昼間でも薄暗い旧北陸道。一人では少し躊躇しそう。
今回はガイドさんの説明を聞きながらの大勢での散策という事で 「こういう機会はめったにないからよかったわぁ」とのお声をたくさん頂き、少々の疲れも吹き飛んだ一日でした。(M)





スポンサーサイト

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
そろそろ色づきはじめ・・・

全般

2009/10/29 Thu
加賀の紅葉、そろそろ色づきはじめたようです。
写真は山中温泉の「無限庵」。
山中紅葉無限庵

無限庵からすぐの「こおろぎ橋」。
平日だったにもかかわらず、多くの観光客の方がみうけられました。
正直紅葉の見頃にはまだちょっと・・という感じ。もちろん紅葉抜きでも景色は絶景です。
山中こおろぎ橋

こちらは「あやとり橋」からの眺め。
山中紅葉あやとり橋から

好評の「川床」は、今月いっぱいの営業です。
山中紅葉川床

本当に見事な紅葉をご覧になれるのは11月に入ってからのようです。(M)
(写真は27日のもの)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
笑顔の茶会

全般

2009/10/27 Tue
大茶盛

恒例となった「第六回 九谷茶会」が大聖寺・山の下寺院群で開かれました。

今回のお目当ては蓮光寺の「大茶盛」
大茶盛といえば奈良の西大寺が有名ですが、ここ大聖寺にもあります。
蓮光寺の大茶盛はなんと40年ぶりの再開。
長年お道具で欠けていた大水差と大茶碗が揃ったのを機に復活です。
寺のとなりに開窯した「翠雲窯」の荒木さんが、この二つを焼いて寄進してくれました。
しかも茶席の亭主は荒木さんの奥様がつとめます。

大茶盛

巨大な茶碗に点てられたお薄が運ばれ
「一碗を五人さまでおあがりください」 と亭主が告げます。
両手に抱えてやっとのことで口まで運ぶお客。
その姿を見て、みんなの顔に笑みがこぼれます。
お茶の心得のある人も無い人も、流派も超えて、和やかで楽しいひと時です。
格式張らないこんな茶席もいいものです。 (O)

蓮光寺

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 ナイトパークコンサート

全般

2009/10/25 Sun
芸術の秋です。
毎年10月の週末は市内のあちこちで文化イベントが目白押し。
とうてい全部は見に行けません。(ありすぎだ!)

「九谷茶会」と「アートみらい2009」が開催されている九谷焼美術館周辺。
メイン会場の古九谷の杜公園でナイトライブがありました。

ナイトパークコンサート

「音楽のソムリエ」の異名をとる加藤ヒロユキさんをゲストに
バックには地元で活躍する名うてのジャズメントリオがサポート。
プロデュースは東 光博さん。山代温泉湯の曲輪BAR SWINGのマスターです。

加藤ヒロユキ

オーディエンスは地元の老若男女が相集って、ローカル色満点。
加藤さんはスーパーエンターテイナーと称されるだけあって、
選曲といい、関西ノリの軽妙なトークといい、今夜の観客にぴったり。
(経歴から想像していた事前イメージは見事に裏切られましたがね、ハハハ...)
ちょっと秋寒の夜に現れた異空間でした。 (O)

ナイトパーク

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
初めて見ました拓本採り

全般

2009/10/24 Sat
いやー、ラッキーでした。

以前から興味があった「拓本」(たくほん)
歴史の教科書なんかで見た、石碑の漢文を墨で写し取ったアレ。

「いったいどんな風にとるのか。十円玉に紙をのせて鉛筆でこする、アレに近いのかな?」
と気になっていました。

日本拓本家協会

今日ボランティアガイドさんと行った全昌寺でなんと偶然にも実物に遭遇です!
境内にある「芭蕉塚」を拓本に採っています。
京都と名古屋からいらした日本拓本家協会のお二人。(えっ、そんな会があるの?)

拓本

名人芸です。引き込まれました。2時間たっぷりと。
表装もご自分でなければだめだそうです。
理由を聞けば、なるほど納得です。(長くなるのでここでは書きません、ごめんなさい)

工程の一部始終は、↓「さらに見る」をクリックしてぜひどうぞ。  (O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
加賀九谷・現代の作り手たち

全般

2009/10/22 Thu
kutani museum


modern kutani
                                                  「彩釉陶 街角」 北出不二雄


九谷焼発祥の地で、本流を受け継ぎ活動を続ける作家たち。

「現代加賀九谷の作家展」と銘打った企画展が九谷焼美術館で開催されています。

五彩、赤絵、青手、染付など、各人各様のテーマを探究した多彩な作品群が目を見張ります。

しかも無料です。11月8日(日)まで。

好みの作品が見つかったら、ぜひそのルーツを探ってみましょう。

様式別に歴代の名品を展示する常設展にその答えがあります。

こちらは有料500円。館内解説ガイドさんの説明を受ければさらに理解が深まること請け合い。

お気軽に入口受付でお尋ねください。  (O)



a modern kutani
                          「青呉須手菓子鉢」 橋本俊和

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
紅葉の白山スーパー林道

季節情報

2009/10/17 Sat
白山スーパー林道では、今、頂上付近から標高1200~1300m付近までの紅葉が見ごろをむかえています。

加賀温泉郷から車で1時間ちょっと、中宮料金所を過ぎて林道中ほどふくべの大滝付近。
まだ紅葉はまばら。
スーパー林道ふくべ大滝付近



上園地展望台あたり(白山展望台かもしれません。ちょっと記憶があいまい)。かなり紅葉がすすんできています。
スーパー林道 上園地P付近

岐阜県境付近。見事な眺めが広がります。

スーパー林道 とがの木
スーパー林道県境付近

今年は紅葉の見ごろが例年より1週間ほど早い・・・と予報で言われていますが、このスーパー林道に限ってはどうも昨年より逆に少々遅いような気がします。
10月下旬ごろがピークでしょうか?
土・日になるとかなり道が混雑すると思われますので、乗用車で見に行こうかな・・・と思われる方は観光バスなどがまだ来ない早い時間に通られる事をおすすめします。

加賀温泉郷、白山温泉郷、辰口温泉、金沢温泉郷の協賛宿泊施設に宿泊されると、スーパー林道片道利用料金が無料になります!詳しくはこちらへ http://www.hot-ishikawa.jp/kagacp/hakusan.pdf

●白山スーパー林道 平成21年11月10日まで通行可能

加賀の紅葉の見ごろはまだ少し先。「那谷寺」も「鶴仙渓」も、鮮やかに染まるのにはもうしばらくお待ちください。(M)
 ※画像は10月16日のもの  

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 季節情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 「金継ぎ」ってご存知?

全般

2009/10/13 Tue
八木繁

たて続けの漆ネタです。
おなじみのギャラリー萩さんで開催中の八木繁・茂樹二人展を訪ねました。
山中温泉で代々塗り師を営むお宅です。

篠笛の名手としても知られる三代目の繁さん。四代目を継ぐ茂樹さんは、輪島漆芸技術研修所を修了し、挽き物が大半を占める山中漆器では珍しい乾漆(脱活乾漆)の作品を手がけています。

八木茂樹

もうひとつ、この工房の仕事で面白いのは「金継ぎ」による修復を請け負っていること。
みなさん金継ぎって知っています?
割れた陶磁器を漆を使ってつなぎ合わせ、元の形に修復する技法です。美術館の展示物で金色の線が入った抹茶碗などを見た記憶がありませんか。漆で接着した部分に金粉を蒔いた跡がそれです。
大切な骨董や形見の陶磁器が割れてしまった時の心強い助っ人です。心当たりのある方は相談してみてはいかがでしょうか。(漆工房ぬしやまで)
愛着の品を修復して大事に使う。漆の特性を活かした仕事です。 (O)

会期:10月9日(金)~18日(日)
会場:ギャラリー萩
石川県加賀市大聖寺下屋敷町ホ-8
TEL:0761-73-2714

ギャラリー萩


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
一日じゅうキンモクセイ

全般

2009/10/11 Sun
キンモクセイ

駅舎の中にある旅まちネットの事務所。
ホームと駅舎の間には何本ものキンモクセイが植えられています。

「あっ、そういえばこれキンモクセイだった」

花のない時期は、何の木だったかすっかり忘れているのに
あの独特の香りで思い出します。

出勤の時、取材に出る時、トイレに行く時、買い物、帰る時...
先日の台風でも、今日の秋空でも、一日じゅうキンモクセイの香りに包まれています。
日もぐっと短くなり、秋が足早に深まっているようです。 (O)

キンモクセイ 地下道
駅裏への連絡通路も、風が通るたびにキンモクセイの匂いがふわーっと。

キンモクセイ
地下通路を抜けるとブロッコリーのようなでかいキンモクセイがあります。今まで気が付かなかった。
(今回もS課長の情報でしたが、でもあの人花好きだったっけ???鬼ウォーカーだから気がつくのかなぁ???)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
山中漆器新作展

全般

2009/10/09 Fri
山中漆器新作展

山中漆器の今を見てきました。
出品作品の幅と奥行きが予想以上に豊かです。
堅実な仕事をしながらも、各人の方向性がはっきりしている。
江沼九谷の陶芸家たちの作品群と似ていますね。
ちょっと前の山中漆器には、これだけ作風の幅が無かったように思います。
かといって奇をてらったり、技を無駄遣いしたようなものも無く、全体に落ち着きがあります。
仲間でありながらライバル。
お互いを見る目がしっかり働いているのでしょう、きっと。

産業規模は一昔に比べぐっと小さくなりましたが、
木地挽き、塗り、蒔絵、どの分野を見ても技術と表現のバランスがいい。
探求する楽しさが伝わってくる若い世代の台頭です。
「いいかっこし」と「かすおこし」の山中気質が、
新たな山中漆器の未来を見せてくれるような気がします。
山中のあんか、がんばれー。   (O)

山中漆器新作展
×蒔絵帯締め → ○蒔絵帯留 (うっかり間違えました。訂正いたします)

山中漆器新作展
人間国宝の川北良造先生の作品も (この象嵌はどうやって作るんでしょうかね)

山中漆器新作展
一品ものコンバース(これくらいの遊びは愛嬌ですね)

山中漆器新作展


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。