北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
漆塗りチェスセット ニューヨークでお披露目

全般

2009/11/26 Thu
前の記事で登場した、山中漆器を訪ねる旅。
「ろくろの里」が出ていましたよね。
国内でも群を抜く技術を誇る「木地挽きろくろ」の技が
いよいよ海を渡り、世界を驚かせました。

日経ネットの写真記事をご覧ください。
共同ニュースもあります。

世界初の漆塗りのチェスセット。
一番高いセットはなんと日本円で約1100万円!ひぇ~~\(◎o◎)/!
欅をろくろで挽き、蒔絵や金箔で飾られたチェス駒たち。
パリッと凛々しい姿です。
デザインしたのは、ニューヨークの有名デザイナー、アレクサンダー・ゲルマン氏。
九谷焼のものもあるらしい。

山中漆器も、九谷焼も、職人の心意気も、みーんなすごいぞ。 (O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
加賀の風景散歩「新そばを食す 職人技を見る」

全般

2009/11/24 Tue
昨日は、「KAGA旅・まちネット」が主催している、加賀の風景散歩「新そばを食す 職人技を見る」ツアーに同行しました!

山中温泉「菅谷」バス停を降りると、「うるしの器 あさだ」「ろくろの里」など、加賀市が誇る伝統工芸「山中漆器」などの職人技を見ることができます。

「うるしの器 あさだ」では、職人が作った「山中漆器」が展示され、独創的でありながら、日常生活で手軽に使える「漆器」が数多く販売されています。
00.jpg

01_20091124102845.jpg

ツアーでは漆器作家でもあり、「うるしの器 あさだ」社長でもある浅田 孝さんから
「山中漆器」の見どころ、魅力についてご解説いただきました。

02_20091124102850.jpg

「山中漆器」の技術の高さ・魅力など見学するだけでは伝わらない点がわかり、勉強になりました。


「ろくろの里 工芸の館」では、「木地挽き」「機織り」などの職人技を見学することができます。また見学だけでなく、職人の指導のもと、工芸体験もできるので、伝統工芸に身近に触れることができます。

03_20091124102914.jpg

04_20091124102919.jpg

05.jpg

ものすごく間近で職人技を見ることができるので、感激しました。また職人の方と会話することができるなど、他の地域では、なかなか味わえない体験ができるなと感じました。

そして、最後に「食彩館 山ぼうし」で秋新そばを食しました。

07.jpg

09.jpg

9~11月にかけて、収穫されたばかりの「秋新そば」は高い香りで、なんともいえないほどの絶品でした。だしも薄めで、そばの香りを堪能できました。

このツアーを通して、近寄りがたいイメージがあった「伝統工芸」に、身近に触れることができ、貴重な体験ができました。

加賀の風景散歩「新そばを食す 職人技を見る」ツアーは来週、11月30日にも催されますので、ご興味をもたれた方は、ぜひ「KAGA旅・まちネット」までお電話いただければうれしく思います!(NH)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
街なかのパワースポット

全般

2009/11/21 Sat
江沼神社


紅葉ものばかりですみません。
用事があって江沼神社に訪れたものですから、ついつい境内を徘徊しまして。

秋も終盤になり、江沼神社の庭はいっそう趣が出ています。
前田家大聖寺藩の藩邸の庭が往時の姿でほぼ完全に残っているということで、
歴史を感じるというか、重々しい独特の空気が漂っています。

池を囲む回遊式庭園には、巨木が林立し、うっそうとした森にいるような錯覚に陥ります。
木々の葉も落ちた晩秋の夕暮れだからでしょうか、
お稲荷さんの赤い鳥居、苔むした巨樹の根、人気(ひとけ)の無さも手伝って、背中がゾクッと。
当地を代表するパワースポットかもしれません。
写真撮っていてそう感じましたよ、ほんとに、ええ... (O)


江沼神社


江沼神社 長流亭



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
あいうえお茶会?

全般

2009/11/20 Fri
歴史の古い温泉地には必ず温泉の守護寺があります。
山代温泉なら薬王院温泉寺。薬師如来を祀る「お薬師さん」です。

997(長徳3)年の創建とされる温泉寺の初代住職が明覚というお坊さん。
この方は、インドの梵字の研究者で、今の日本語「あいうえお・・」の基礎を作ったことで知られています。(えらい人が山代温泉にいたもんですねー)
地元の有志がつくる明覚上人顕彰会があり、学僧の足跡を学び、伝えていこうと活動しています。

で、先日、この会主催の茶会のご案内をいただいたので、錦秋のお薬師を訪ねました。

「あれっ、あんなところに茶席が?」

本堂の外、欄干が付いた縁側です。そこにお客さんが座っています。
錦に染まる境内を眺めながらの一服。
最高です。
お堅い茶席が多い中で、こんなしゃれたことを提案したのはどなたでしょうか。拍手! (O)


茶会 薬王院


薬王院 紅葉

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
色づく城下町

全般

2009/11/14 Sat
秋も深まり、紅葉で街は美しく彩られています。
0911山下神社 004

大聖寺の山ノ下寺院群には、7つのお寺と1つの神社が建ち並んでいます。
写真はその中の 「加賀神明宮」。
境内は、昔から地元の子供たちの遊び場となっていました。
0911山下神社 007
補修工事?の看板がちょっと邪魔ですね。

大聖寺の紅葉は「あざやか」というより、もっと渋めの落ち着いた色合い。
この静かな城下町にはそれが似合います。

大聖寺では『日本百名山』で知られる作家深田久弥の記念館「深田久弥 山の文化館」の
大イチョウの木も見事に黄色く色づいています。
秋まっさかり・・・の城下町をゆっくり散策されるのはいかが?
(写真は11月12日のもの)

(M)



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 里山も色づいてきました

全般

2009/11/08 Sun
   夕日で浮かび上がる紅葉

   橋の真ん中にたたずみ景色に見入るカップル

   まるで二人のために山が色づいているかのようです


紅葉


  「これは逃してはならん!」

あわてて車を引き返しお願いしました。

  「おねがい、ふたりの写真撮らせてぇー」

静かな二人の世界に勝手に踏み込んできた無粋なオヤジなのに

  「あっ、いーですよ」  とやさしい返事 (いい子たちだなぁ (T_T))

(この場所、どこだと思います?さあ、地元のみなさん当ててみてください) (O)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
漁はじまる。店頭にはカニがぎっしり。

全般

2009/11/07 Sat
橋立 カニ

11月6日、待望のカニ漁が解禁されました。

加賀市橋立漁港の近くにある魚屋では、
朝から大釜で次々とカニを茹でています。

店に入れば、解禁の情報を聞きつけて来た客さんでいっぱい。
床も、生け簀も、冷蔵ケースもカニでぎっしり。
ズワイには地元産の証し「青タグ」がしっかり結んであります。

ご祝儀相場でちょっと高めだが、なんと言っても初ものには惹かれます。
おしるしで、いちばん小さいコウバコを買って帰ろうかなっと。 (O)

橋立 カニ
親戚に送るのでしょうか?香箱ガニをたくさん買って、各地へ発送を頼むキャンバスのお客様。

橋立 カニ
外子がパンパンに入ったコウバコ。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
「雪のデザイン賞」入選作品展が開催されています。

イベント情報

2009/11/04 Wed
「雪は天から送られた手紙である」
この言葉をのこした中谷宇吉郎博士(1900-1962)は、加賀市片山津温泉の出身で、
雪の美しさに魅せられ、北海道大学において世界で初めて人工的に雪の結晶を
作り出した科学者です。

「中谷宇吉郎 雪の科学館」では、中谷博士の多面的な業績を中心に、雪氷学のその後の
発展も含めて、最新の映像装置や実験・観察装置も使ってわかりやすく展示公開しています。

現在、その「中谷宇吉郎 雪の科学館」では、第5回「雪のデザイン賞」入選作品展を開催中。
ジャンルを問わず、さまざまな素材に趣向を凝らした雪や氷をモチーフにしたデザイン作品
332点の中から選ばれた50点の作品が展示されています。(332点中54点は海外からの応募)


小さい頃、誰もが一度は、手のひらに雪をのせて、結晶の形になっているのかどうか
確かめたことがあるのではないでしょうか?
そんな一瞬のきらめきを閉じ込めたような作品がたくさん並んでいました。
久しぶりに童心にかえり、ワクワクした気持ちで観てきました。


「金賞」
雪層DSC_0282
白磁抜釉彩鉢「雪層」/江口 功
瀬戸の磁土に白磁釉を掛けて焼成した。マスキングにより釉を抜き雪層を表現。


「ラネージュ賞」
air snowDSC_0073
air snow/ヒロネ アヤコ
空中を舞う雪は、幾重にも重なる空気のカーテンの表面を滑り降りてくるよう。羊毛と
スーパーオーガンザーを使用して、折り重なり降り積もる「軽やかな雪の様」を表現した。


「銀賞」
六花DSC_0276
六花/山崎 純子
地中の砂や金属から成るガラスは温度のかけ方や成分、また作業手順によって一つ一つ
異なる奥行きのある模様を生み出します。「天から送られた手紙」と同様、一つとして同じものを
形づくることはできません。本作品は「地から送られた手紙」です。


「奨励賞」
てまりDSC_0298
氷雪/北山 須美子
左側は小雪の舞う中の雪紋をモチーフに、手まりの技法で差し込んだ。右側は朝日を受けた
つららの中の、光と色の屈折をイメージしている。


「佳作」
冬の贈り物2DSC_0188
冬の贈り物/林 信子
雪が降ったあと、幸の科学館の天窓に積もった雪が、青空を背景に融け出し、それらの雪の
模様がおもしろくみえたのをヒントに、デザインした照明です。


「佳作」
snow townDSC_0246
snow town/大塚 くるみ
醤油やソースなどの注器、塩や砂糖などのポット、そして小さな花を一輪。テーブルの上は
すっかり雪国の小さな町に変身です。


ご紹介したのは、ほんの一部です。ため息が出そうな位に素敵な作品が並んでいますので、
ぜひ立ち寄ってみてください。(R)



-第5回「雪のデザイン賞」 入選作品展-
「中谷宇吉郎 雪の科学館」にて
◆ 来年2月16日(火)まで開催中
◆ 開館時間:9時~17時(入館は16時30分)
◆ 休館日:水曜日(年末年始は開館)
◆ 入館料:大人500円(75歳以上250円、高校生以下無料)
加賀市潮津町イ106   TEL:0761-75-3323

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
 ど根性駅伝 in 山代温泉

全般

2009/11/03 Tue
「第2回やたがらす駅伝」
山代温泉の町民有志が昨年から始めたイベントです。

行基が白山の帰り道、湯浴みするカラスを見つけたのが山代温泉の始まりといわれ、
そのカラスが、日本神話に出てくる三本足の霊鳥「やたがらす」です。
この駅伝の名前もそこから来ています。

山代温泉やたがらす駅伝

朝から快晴で、しかも夏に戻ったかと思わせる気温26度!
11:30、集合場所の広場にはすでに大勢参加者が集まっています。
温泉街を通り抜けて往復するコースで、
小学校低学年の1㎞から始まり、一般の1.8㎞までの4グループに分かれて競います。

ところが、なんと...
1時間もしないうちに、空がどんどん雨雲で覆われてくるではありませんか。

「ザザー・・・」
「ゴォー・・・」

山代温泉やたがらす駅伝

山代温泉やたがらす駅伝

ウソのような天候急変。
しかも急激に寒くなって、選手も豪雨の中を必死の形相で走ります。
沿道の応援団もずぶ濡れになりながら
「もう少しだ、ガンバレー!」 と一生懸命に声援を送ります。
みんな、山代大好きなんです。
こういう場面になるとよく分かりますね。 
職業も世代も超えて励まし合い、町民がひとつになる。
冷たい雨に負けない、熱い心が通うイベントでした。  (O)

(カメラを持った私も見事にずぶ濡れになりました、トホホ)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
石川県内のボランティアガイドさんが、山中温泉に大集合!

全般

2009/11/01 Sun
ほっと石川ボランティアガイド連絡協議会の加賀地区研修会が、
去る10月31日(土)に山中温泉で開催されました。この研修はガイドさん同士の
親睦と勉強会を兼ねて、毎年3回程、県内の各地域で開催されているそうです。

山中座前DSC_0006
加賀市側のボランティア係員の方を含め、総勢104名が山中座前に大集合!

当日は、七尾や津播、内灘、金沢、松任、鶴来から訪れた総勢81名のボランティア
ガイドの方々が、山中温泉の「芭蕉の館」や鶴仙渓、ゆげ街道を散策しました。

この日は、ちょうど「芭蕉の館」の開館5周年記念で、「- 今、よみがえる –
幻の我谷盆(わがたぼん)」 伝統と復興の企画展が開催されていました。

芭蕉の館DSC_0022
訪れたガイドの皆さんも、伝統的な作品に興味深々です。


「我谷盆(わがたぼん)」とは、山中温泉の奥に位置した我谷で作られたお盆のことで、
昭和40年、我谷ダム完成によって我谷の集落が水没したため、
現存するものは少なく、幻の盆とも形容されるそうです。

DSC_0049.jpg
いろんな用途があるのですね。ちょっとの工夫で、こんなに立体感が生まれます。

字あり盆DSC_0103
この作品は、おもしろいですね。職人さんの遊び心が伝わってきます。


この日は、天候にも恵まれ、まちを散策するにも最高です。
午後からは、ちょっと暑い位でしたが・・・

鶴仙渓DSC_0153
ガイドの皆さん、とても熱心に話を聞いていらっしゃいます。

あやとり2DSC_0244
あやとり橋からの眺めは、最高です。


最近、その地元ならではの風景や歴史、文化、伝統工芸、食などをまち歩きに
組込んだ散策コースやウォークなどに人気が高まっています。県内はもちろん、
県外からもたくさんのお客さまが、加賀市を訪れています。

でも、ただまちを歩くだけでは、なかなか、そのまちのことは伝わってきません。
やはり、ガイドさんの話を聞くことで、先人達の思いを感じ取ったり、そのまちの
良さやその地で暮らす人々の生活ぶりを感じ取ることができて、旅の楽しみに
繋がるのだと思います。

それもこれも、日頃のボランティアガイドの方々の陰の努力や、このよう活動が
あればこその結果だと思います。今更ながら、敬意と感謝の気持ちで一杯です。

県内のボランティアガイドの皆さん、地元の係員の皆さん、大変お疲れ様でした。
今後もよろしくお願いいたします。(R)


「芭蕉の館」の企画展
「- 今、よみがえる – 幻の我谷盆(わがたぼん)」 伝統と復興
◆ 11月8日(日)まで開催中
◆ 開館時間:9時~17時(入館は16時30分)
◆ 期間中は無休
◆ 入館料:大人100円(中学生以下無料)
 加賀市山中温泉本町2丁目86-1   TEL:0761-78-1720

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |

ページ先頭に戻る

clear