北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
慈しみが伝わる旅館料理

全般

2010/01/27 Wed
加賀温泉郷のとある有名旅館。
その料理は、華美に走らず、しかし材料と器は地元産の吟味されたものばかり。
訪れた旅人に「土地の声」をそっと語りかけてくれるようです。
心をほぐし体をいたわってくれるような慈愛に満ちた味です。 (O)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
さすがは山中温泉

全般

2010/01/26 Tue
雪遊びしたい!
子供にせがまれ、困ってしまいました。
スキー場は寒いし、なにより雪道の運転に自信がありません。


我が家のまわりではすっかり雪がとけて見る影もなく。
海に近いので余計かも。

山中温泉ならまだあるかな。帰りにひと風呂浴びるのもいいなぁ~
というわけで山中へGO!

ありました。
車で30分走って、もうこんなに。
でも車道には全然ないので運転もラクラクです。

四十九院の林道__


この大根、雪の下で甘みを蓄えてます。同じ大根でも、雪にあったものは甘いんですよね~。
雪の中の大根


ついでに観光客に交じって、温泉街散策など楽しんできました。
ちょっと路地に入ると、こんな感じで残雪が。

車道脇の残雪



これは「あやとりはし」

あやとりはし


覗き込む子_edited-1  子供が急にしゃがみこみ、何やら見ている。落ちるよ、ちょいと。



娘が覗き込んでた鶴仙渓の雪はこんな感じ。ほんのり雪化粧でステキ。
雪の鶴仙渓


この後、第2菊の湯という山中温泉のもうひとつの総湯(共同浴場)へ。かけ流しのお湯が気持ちいい!

車で30分の距離で、海から山へ。雪があり、温泉があり…。
近くなのに、なんだか旅した気分になれた1日でした♪ (ake)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
深田久弥 山の文化館 餅つき

全般

2010/01/25 Mon


「深田久弥を愛する会」 そのチームワーク恐るべし。

「日本百名山」の著者として知られる深田久弥のふるさと加賀市大聖寺。
この静かな城下町の一角に「深田久弥山の文化館」があります。
この建物、絹織物の機場を再生したもので、国の近代化産業遺産にも認定されています。

この記念館を支えているのは「深田久弥を愛する会」という、久弥を慕う山好きの会員約400名。
私も設立当初から会員なのですが、10数年経った現在でもおそらく最年少のまま。
(半世紀の年齢になっている私がですよ)
中高年の登山ブームをそのまま絵に描いたような、おそらく平均年齢65歳以上かもしれません。

しかし、このメンバーの皆さん若い!
どうなっているのかと思うほど変わりません。
この日の餅つきも、ざっと50人ぐらいは集まってきているので準備も早く、餅もすぐつきあがる。
館の掃除や剪定でも20人くらいの常連がいるから、いつもきれいです。
歴史ある町ならでは、みんな何か「一芸」を持っているから、世話好きで、遊び好き、手際よい。
厳しい時代だけれど、若い世代が習得してほしい「人間力」のひとつかもしれません。 (O)

深田久弥 山の文化館 加賀市


         深田久弥山の文化館 加賀市 餅つき

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
うまい!橋立の一夜干し (加賀橋立漁港)

全般

2010/01/22 Fri
kaga hashitate 橋立

ひさしぶりの穏やかな日なので、橋立漁港にフラッと出かけました。
そういえば水曜日は休みのお店が多かったっけ。

でも定休日なのに、○○○水産はなぜか営業。

いつもと違い店内は静かです。
年末なんて社長も店のおばちゃんも鬼気迫る感じだったのに。




玄関で焼いている試食用の干物。香ばしい匂いに思わず引かれます。
あととり息子のあんちゃんも、ちょいとつまみ食い。

「試食の魚を手に持って、うちの食堂でご飯だけたのむお客がおったわ」
「信じられんやろ。うなぎ屋の店先みたいや」

確かにそのあつかましさは信じられん。

ボクもひとついただきました。
ほんと、うまい。

こんなのどかな漁港の昼下がりは、
干物をつまみにビールをグイーっといきたいね。 (O)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
「新酒」の季節到来!!

全般

2010/01/20 Wed
雪が降るような寒い日は、一杯飲んで温まる。
飲んで温まると言ったら、日本酒を思い浮かべる方も多いでしょう。

動橋にある橋本酒造では、昨年の12月27日に「杉玉」が取り付けられました。
この「杉玉」は、「酒林(さかばやし)」とも呼ばれ、「新酒」が出来たことを知らせる
役割をしているそうです。お酒好きな方にとっては、待ちに待っていた季節の到来です。

橋本酒造正面

「杉玉」は、杉の葉(穂先)を集めてボール状にし、形を整えたもので、
軒先に吊るして「新酒」が出来たことを知らせます。
最初は蒼々とした「杉玉」が、やがて枯れて茶色になっていき、
その色の変化で「新酒」の熟成の具合がわかるそうです。

杉玉
元々はお酒の神様に感謝を捧げるものだった「杉玉」

例年は、杜氏が「杉玉」を造るそうですが、今年は杜氏が忙しいこともあり、
社長自ら、三日程かけて造られたそうです。
「少し大きいんですよ。」とのことでしたが、形を丸く整えるのはきっと至難の業でしょう。



店内に入ると、正面に昔の徳利や酒瓶が並んでいます。
昭和40年代頃まで、お酒を買いに来たお客さんに量り売りをしていたそうです。
徳利には、買いに来る人の名前や電話番号が書いてあります。
昔の人はちゃんとエコを実践していたのですね。エコというより、もったいないという感覚でしょう。

徳利、酒瓶

ラベル
レトロなラベルに思わず目が留まります。


さて、本来の目的である新酒。すでに呑まれている方もいらっしゃるでしょうね。

新酒

生酒、吟醸生酒、にごり酒、人それぞれ好みはあります。
舐める程度にしかお酒を飲めない私ですが・・つい一本買っちゃいました。
今夜の夕食は鍋。もちろん、その横には・・コップ酒。(R)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
松明け

全般

2010/01/19 Tue
正月恒例の「寒中みそぎ」が山代温泉服部神社で行われました。
今年は雪景色の中、しかも気温は氷点下。氷が張っています。
山代青年会と「山代大田楽」わざおぎ塾の総勢約30名が頭から水をかぶります。
あまりの寒さに神主さんも祝詞(のりと)を忘れてしまう爆笑ハプニングも。

山代温泉 寒中みそぎ


となりの薬王院では「左義長」が行われ、朝から大勢の町民が集まっています。
「総湯」の前に飾られていた大きな門松も、男衆の手で分解され軽トラに積まれていきます。

山代温泉 左義長


これで松明け。正月気分がきれいさっぱり終了です。

これからが「寒の入り」、寒さが厳しくなるのですが、
気分のほうは不思議と「春に向かっているなぁ」と明るくなってきます。
「新春」の文字通りということですね。 (O)

●「寒中みそぎ」の臨場感を動画で載せる予定だったのですが、
原因不明のデータファイル破損でアップ不可能に...(くやしー!)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
水鳥の楽園 片野鴨池 

全般

2010/01/16 Sat


雪の鴨池はいいですね。
丘陵に囲まれた聖域といった感じがよく出ています。

日本のラムサール条約登録湿地37箇所の中で最も小さい湿地ですが、
300年以上前から続く「坂網猟」と水田耕作を行いながら、水鳥の楽園として
人、自然、野鳥が共生するワイズユースが実践されてきた貴重な場所です。

毎年冬には数千羽の雁(がん)、鴨、ヒシクイなど渡り鳥が越冬します。
鴨池観察館のガラス越しに広がる湿地の景色と鳥たちの姿を見ていると
人間社会の時計とは違う、自然の摂理による本当の時間を感じることができます。
どうです?確かめに行ってみたくなりませんか。   (O)

片野鴨池 Sanctuary Katano Kamoike Nature center in Kaga City Japan
さまざまな種類の水鳥たちが羽を休めています
水鳥の楽園 片野鴨池 Sanctuary Katano Kamoike Nature center in Kaga City Japan
土曜日だからか、この日は自然派の親子がけっこう訪れていました
水鳥の楽園 片野鴨池 Sanctuary Katano Kamoike Nature center in Kaga City Japan
こんなレアな観察会も...(お申し込みは鴨池観察館TEL0761-72-2200まで)
水鳥の楽園 片野鴨池 Sanctuary Katano Kamoike Nature center in Kaga City Japan
この日は、「ふゆみずたんぼ」をテーマとした、ラムサール条約登録湿地のシンポジウムもありました。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
こんな雪の日でも日課の朝風呂

全般

2010/01/14 Thu


昨夜の予想どおり積もりました。
ひさしぶりに北陸らしい「しんしん」と降る雪。
夜中に目を開けると、あたりは音が消えたかのように静か。
でも雪が降っている気配がする。不思議とわかるのです。
雪国育ちの人間に具わった独特の感覚でしょうか。

こんな日はちゃんと早く目が覚めます。
案の定、除雪車が通った後には80㎝ほどの雪の壁ができています。
朝6時、雪が軽いうちに家の前の雪かき開始。
軽い軽い、らくちんです。
30分ほど、ひと汗かきました。
さて、車の上に積もった雪も降ろして、いつもの朝風呂です。
今日はさすが常連の顔も少なく貸し切り状態。
雪かきの後はひとしお温泉のありがたみを感じます。(仕事に行きたくないなぁー)
(O)

雪の山代温泉 湯の曲輪
雪の山代温泉湯の曲輪 
山代温泉総湯
総湯の休憩室 名物の「温泉たまご」は63℃の源泉に一夜じっくりと浸けて作ります。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
隠れ家的すし屋

全般

2010/01/12 Tue
知る人ぞ知る加賀市の人気店です。
外観を見てもだれも寿司屋とは思わないでしょう。
店内に入っても「えっ..」て感じ。



sushi 鮨 寿司 

吟味した素材にひと手間加えた、いわゆる「仕事がしてある」鮨です。
若い時からコツコツと集めてきた器も素晴らしい。
店主の人柄が表れているのでしょうか、優しくも深みのある味です。
(どこの寿司屋か知りたい方は旅まちまでメールを。そっと教えます)
(ハハハ、みんな知っているでしょうねきっと) (O)

すし 寿司 鮨

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
片山津温泉「かに一番市」開催!

イベント情報

2010/01/10 Sun
片山津温泉かに一番市1

1月10日(日)に片山津温泉「かに一番市」開催しました。

場所は、今、サギが足湯近くに飛来すると地元新聞に掲載された話題の「砂走公園」です。

サギが闊歩する様子が見れるといいなと思いつつ、

「ふるまい かに大鍋(無料)」に釣られ、現地へ・・・

あいにくの雨になりましたが、広場には大鍋、足湯の湯気と

地元の方の熱気に溢れてました。

片山津温泉かに一番市2

大鍋・・・大きいです。前日から、係員の方々準備していました。

寒く、小雨日和でしたが、カニ汁を足湯に浸かりながら、食べる・・・

体の内、外から温まることが出来ます。

こんな風景も温泉地らしい雰囲気がありますね。

片山津温泉かに一番市3

(お父さんから、「足湯に かに汁をこぼすなよ。」と注意を受けていました。)

片山津温泉かに一番市4

肝心のお味は・・・
カニの身より、汁の方が美味しいです。(ダシが良く出てます。)

お客さんは、家族の方が多く、美味しく温まりましたと記念にパチリ!

片山津温泉かに一番市5


会場では、カニの販売もしており、販売の担当者からは、通常1万円するものが、

7千円程度になっているとのこと。

片山津温泉かに一番市6


残念なことに、この日限定のイベントなのですが、カニを取り扱った企画は、

また別に開催しておりますので、詳しくは、
片山津温泉観光協会のホームページをご覧下さい。

それから、サギはこの時間は人気が多いためか、やってきませんでした。
いつか、この池にいるサギの姿を動画で撮りたいものです。

片山津カニ市8

最後にお願いです。
片山津の足湯サギの発見情報がございましたら、是非コメントで提供をお願いいたします。

例えば、今日何時ごろ見た!で有難い情報になります。
(HS)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear