北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
魅力いっぱい橋立町の風景散歩

全般

2010/11/28 Sun
 加賀の風景散歩(秋冬編)「とれたて甘エビと港町散策」の最終日に行ってきました。(係員)
10月2日(土)から11月27日(土)までの9回、毎回多くの参加者で賑わい、橋立町の魅力を
詳しく解説していただいたガイドさんや「ばん家」のおいしい甘えびとエビ入りうどんを
食べることができ、大満足の風景散歩となりました。

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 005

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 007

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 011

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 012

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 015

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 017

 江戸時代から明治時代にかけ、北前船で大阪から北海道を往復し、巨万の富を得た北前船主が
贅を尽くした豪壮な屋敷を建て、この地区は日本一の富豪村と言われました。町を歩くと今でもその面影
を偲ぶことができます。現在、日本にある88箇所の重要伝統的建造物群保存地区の1つとなっています。

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 021

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 022

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 028

H22.11.27橋立甘えび風景散歩 029


H22.11.27橋立甘えび風景散歩 034

 ランチをとった「ばん家」のおいしい甘えびとエビ入りうどん の写真を撮ろうと思っていましたが
あまりのおいしさに撮り忘れてしまいました。残念。
うどんのおいしかった「ばん家」さんは北前船の里資料館の前にあります。
(T)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
山中温泉の冬 カニ汁大鍋

全般

2010/11/27 Sat
カニ汁大鍋 道場六三郎レシピ 山中温泉

恒例、山中温泉の冬の名物といえば道場六三郎レシピの「カニ汁大鍋」
鉄人のひとひねりが隠し味のショウガ。温まります。
一杯200円でとても幸せな気分に。
来年3月末まで毎日10時~11時30分
山中温泉ゆげ街道の「町人旅人亭」で。
当番は漆器職人の奥さんたちでつくる「かあちゃんの会」
雪の日も雨の日も、ほんとうにご苦労さまです。(O)
(オマケでこおろぎ橋の紅葉も入っていますが、
11月17日の様子なので、今はもうかなり落葉しています。お間違えなく)




CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
冬季限定のお楽しみ

全般

2010/11/25 Thu
冷蔵庫を開けると、「サワラ(カジキ)の子付け」のパックが。
ヤッホー!今シーズン初お目見え。
昆布〆もおいしいけど、寒い時期しか出回らない子付けが好きです。

パック入り

タラの子をまぶしてあって、プチプチした食感がたまりません。
お醤油をつける時、せっかくの子が落ちてしまわないよう細心の注意を払います。(私だけか…)

アップ_edited-1

冬のごちそうと言えば、香箱ガニ、大根ずし、鴨じぶ鍋…。
他にも、北陸には寒くなることでグーッとうまみを増す食材が多いですね。
冬の寒さを毛嫌いしちゃいかんな~、ここに生まれてよかったな~と思いつつ、熱燗で一杯。
肴がおいしすぎて、飲みすぎました…。 (Ake)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
一日だけのそば処「ぬしや」

全般

2010/11/24 Wed

ぬしや新蕎麦と寄席 漆工房ぬしや 山中温泉 山中漆器


以前登場した「妄想食堂」のそば屋版とでも言いましょうか。
漆職人さんの家が、一年に一回だけそば処に変身。
さらに食後には座敷がそのまま落語の寄席に!
ご主人が自ら打つ新そばと、
ぬくもりのある漆の器に盛られた色とりどりの秋の味覚。
口福・眼福に加えて耳福も満喫の一日でした。 (O)

漆工房ぬしや(山中温泉では、漆塗り師のことを“ぬしや”とか“ぬっしゃ”と呼びます)




CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
いい湯だな♪

全般

2010/11/22 Mon
山代温泉にある、総湯と古総湯。ついに入ってきました。
加賀市民ですが、温泉街育ちではないので、今年の10月に完成した古総湯はもちろん、山代温泉の総湯に入るのも(建て替える前のも含めて)、実は、これが初めて。

15時ごろに行きましたが、日曜日、ということもあって、総湯はなかなかの込み具合。
地元の人があまりいないような時間に行こう、と、早めに行ったつもりだったのですが、この時間はすでに込む時間帯のよう。お昼ごろに行くべきでした・・・。

総湯には大きな天窓があるので、太陽の光が入り、明るくて、さわやか。
お湯は、思ったほどは熱くなかったです。


総湯のあとは古総湯へ。

山代温泉 古総湯①

山代温泉 古総湯②

浴室に入ると、総湯とは違って、落ち着いた雰囲気。ほのかに、檜のいい香りがしました。
湯船に入ると、お湯がまとわりつく感じがして、温泉に入ってる!って感じがしました。鈍感な私の肌でも、おっ、なんか違うぞ、ってわかりました。

2階には休憩所があり、お茶と水が置いてあるので、湯上がりに外の景色を見ながら休むこともできます。

山代温泉 古総湯③

山代温泉 古総湯④

山代温泉 古総湯⑤

山代温泉 古総湯⑥
↑2階の休憩所から、となりの総湯も見えますよ。


明治時代の総湯を復元し、入浴方法も当時のままの古総湯。シャワーやカランがなく、シャンプー、石鹸も使うことができない、ということで行くのをためらっている方もいるのでは!?
古総湯・総湯共通利用券なら700円、と、バラバラに入るよりお得になっているので、ぜひぜひ、入り比べていただきたいです!
先に総湯に入り髪や体を洗い、次に古総湯に行きゆっくりお湯につかり、最後に、古総湯の2階で休憩。この流れが私のお勧めです♪

(A)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
加賀市産かぼちゃ&ブロッコリー♪

全般

2010/11/19 Fri
試食会。なんて魅力的な響きでしょう。
おいしい取材依頼に二つ返事で行ってきました。
何でも、地元農産物のかぼちゃとブロッコリーを粉にし、それを使った品々が並ぶとか。

お昼休みともあり、お腹を空かせた人々で、あっという間にこの通り。
よく、空きっ腹で買い物に行くなと言いますが、納得です。
(顔は笑っていますが、目は真剣)
nigiwauhitp

協力したのは市内8つの企業。全部で22種類のメニューがありました。
すべてを食べた訳ではありませんが、私の中でのお気に入りはこれ。
「ブロッコリーピラフ」
pirafu

しっかりブロッコリーの味はしますが、粉ですから、ブツが入ってないんです。
「子どもにブロッコリーを食べさせたいけど食べてくれない」と悩むお母さんにおススメしたい一品。
加賀市は北陸最大のブロッコリーの産地で、県内一の生産量なんです。(ちょっと自慢)

そして、食後のデザートにはこれ。
「かぼちゃアイス」
aisu

よくある「○○アイス」って、実はあんまり○○の味がしなかったりしますが、これは思いっきりかぼちゃ。
濃厚で、少量でも幸せになれました。

投票箱があったら、2票投じたかったです。
商品化は…?? とのことでしたが、ぜひ実現させてください。
食いしん坊の私からのお願いです。(実は一人だけ楽しんだのが心苦しい…) (Ake)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
片山津温泉近くの田んぼに冬の使者「コハクチョウ」が飛来

全般

2010/11/18 Thu
柴山潟近くの水田に冬の使者コハクチョウが飛来

H22年11月17日(水)11時 柴山潟近くの水田

北風が吹くと、毎年、冬の使者コハクチョウが柴山潟周辺に
飛来します。シベリアあたりから約4000キロの距離を山
や海を越え、白い雄姿が長旅の疲れを癒すため、この地で来年
の3月ごろまで生息します。水をはった水田で水草、地下茎、
種子などを餌にして、多いときには700羽を越えるコハクチョウ
が水田の一角に群がり、大自然の雄大な営みが間近で観察できます。
飛来する姿も美しく、羽を広げると2メートル以上にもなる姿は
勇壮で見ごたえ十分です。

H22.11.17柴山田コハクチョウと紅葉潟 011

H22.11.17柴山田コハクチョウと紅葉潟 005

H22.11.17柴山田コハクチョウと紅葉潟 001

H22.11.17コハクチョウ柴山潟 015

H22.11.17コハクチョウ柴山潟 010

H22.11.17コハクチョウ柴山潟 007

観察にあたっての注意事項
・車で入れる田んぼ道はスピードを落とし、ゆっくり走る。
・あぜ道は絶対に入らない。
・大きな音をたてたり、物を投げたりしない。
・色鮮やかな服装はさける。(コハクチョウが警戒します)
・自然愛護、環境保護の精神を守り、愛情を持ってコハクチョウを観察する。
・観察にはレンタル自転車を利用すると環境にもよい。
 (レンタサイクル : 0761-74-1307)

その他
・カメラで写す場合は、望遠レンズがあった方がよい。
・朝8時ごろから夕方4時ごろまで観察できます。
・寒い季節なので、温かい服装が必要です。

加賀の風景散歩『冬の使者コハクチョウを見る』の専用MAPは、こちら
(T)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
えっ?! 金木犀が満開?

全般

2010/11/16 Tue
金木犀の香りが漂ってくると、「あ~秋だな」と普通は思います。
昨日、今日は、11月下旬並みの寒さだというのに、ほら、この通り。

金木犀(縦)①

しかも、半分だけ満開。
この不思議現象の原因は、エアコンの室外機です。

金木犀(横)②

この夏の暑さでフル回転だったエアコン。 外に出る度に室外機の前を通るのが嫌でした。
私は文句タラタラでしたが、金木犀は黙って熱風攻撃に耐え、秋がくるのをず~っと待っていたのですね。
そして寒くなってようやく、「秋が来たぞ。それっ!」とばかりに咲き始めたのですね。

けなげやな 室外機前の キンモクセイ(字あまり 芭蕉さんすみません)

おあとがよろしいようで… (Ake)



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
伝説の大イチョウが紅葉

全般

2010/11/16 Tue
イチョウ紅葉 深田久弥 山の文化館 加賀市


深田久弥山の文化館のシンボル、樹齢650年のイチョウの木が紅葉真っ盛りです。
イチョウの幹や葉には水分が多く、昔から「火伏せの木」として植えられてきました。
昭和9年の大聖寺大火の折、火の手はこのイチョウの手前で止まったと伝えられています。
今月は、写真家木村芳文さんの「光輪白山」展が開かれていますので併せてご覧ください。
晩秋の大聖寺の町は、いっそう静かで落ち着いた感じがします。(O)



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
那谷寺の紅葉が今、美しい

全般

2010/11/15 Mon
11月14日(日)
那谷寺に行ってきました。
午後3時過ぎに到着、駐車場はほぼ満車で
多くの人で賑わっていましたが境内は広大
で、十分紅葉を観ることができました。

H22.11.14 紅葉 326



展望台からの眺望も素晴らしく、色とりどり
に木々の葉が紅葉し、夢の世界です。

H22.11.14 紅葉 298

H22.11.14 紅葉 288

H22.11.14 紅葉 289

H22.11.14 紅葉 293

カメラを手に、美しい紅葉風景をカメラ
におさめる人々が多くいました。

H22.11.14 紅葉 300

箱庭のような景色
 建物と樹木の配置、
 緑色、赤色、黄色の配色のバランス
すべてが完璧でまさに美の極致です。

H22.11.14 紅葉 304

庭の池に白鳥が1羽、この純白の色が
なんとも言えない・・・・・すばらしい

H22.11.14 紅葉 317

同じ赤色の紅葉でも、微妙に色が異なり
色とりどりとはこのことである。また、緑
の常緑樹がこの紅葉する落葉樹をうまく引
き立て自然界が作り出す極楽浄土の世界である。

H22.11.14 紅葉 311

この時期に魅せる美しい那谷寺は、1640年江戸時代、前田利常の寄進によるもので
国重要文化財建造物と名勝指定園になっている。

12月の初旬まで紅葉は観れると思います。
(T)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ

ページ先頭に戻る

clear