北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
吉田屋伝右衛門の残したもの

名産・特産

2013/03/09 Sat
加賀大聖寺の豪商 吉田屋伝右衛門。
彼の残した偉業を鑑賞しに行きませんか?

吉田屋窯の代表格「百合図平鉢」も展示中

現在、「石川県九谷焼美術館」と「九谷焼窯跡展示館」両館で 開館10周年記念展が行われています。
青手九谷 創作の原点「古九谷
思いが結実した「吉田屋窯
吉田屋窯の後を受け優品を制作した「松山窯
それぞれの銘品が集結した今回の 古九谷再興物語と銘打たれた凱旋展
有り余るほどの見ごたえです。

この機を逃せば 次に現物を目にする機会の保証はないのでは、と思われるほどの逸品が一堂に会しています。

椿をテーマに陳列された一角

藩御用達、 贈答品としても使われていた松山窯に対して
吉田屋窯は 成型に若干歪みがあったりするところや、庶民にも馴染みやすい絵柄。
重厚感を持ちつつ 暖かみが感じられる「人間臭さ」が魅力的。と個人的には感じています。

館の方によれば 色使いも大胆でありながら 見る人に敷居を感じさせないのが吉田屋窯なのだとか。
当時、商人である吉田屋伝右衛門は 宴席でこれらの器を使い加賀の料理を盛り付け
客人のもてなしに使っていた・・・とも言われているそうです。

間近に見る配色

人間臭さが感じられる「吉田屋窯」
魅力的だからこそ、後を受けた「松山窯」
古九谷から繋がった青手の魅力を 是非会場にてご堪能ください。
僭越ながら、これは見ないと損です。と、言い切らせていただきます。
(K)

<<< 入館お得情報 >>>
・周遊バスCANBUS利用の場合・ 
  *乗車券と有料施設入場券3枚セットが一緒になった
  加賀温泉郷パスポート(乗車券付き)1,500円がお得で便利!  
  両館とも 入場券利用対象施設です。 *CANBUS利用タイムテーブル一例  
・その他・
 *当展のチラシ持参で 窯跡展示館 50円引九谷焼美術館 80円引(一枚につき各5名様まで)

■停留所№6a 国指定史跡 九谷焼窯跡展示館  TEL:0761-77-0020
■停留所№14 石川県九谷焼美術館  TEL:0761-72-7466

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 名産・特産 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<Lady kagaのハートを射止めたのは。 | メイン | 手漕ぎの舟でゆったりと感じる春>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。