北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
菅生石部神社 文化財展(加賀市美術館)

全般

2013/07/28 Sun
天神講に続き菅生石部神社関連の話題です。

現在「加賀市美術館」で催されている「加賀國二之宮 菅生石部神社の文化財展」では、1400年もの歴史をもつ古社のお宝の数々を鑑賞することができます。
子供の頃、「敷地のお宮さん」として遊び場になっていた神社がこれほど歴史深い所だったとは・・

今回はその貴重な品をいくつかご紹介しましょう。
まずは「繋馬図絵馬」。
繋馬図絵馬
とても素朴なお馬さんの絵ですよね。
慶長10年(1605年)に寄進。
慶長10年といえばまだ関ヶ原の戦いから5年しか時を経ておらず、大聖寺藩ももちろん誕生していなかった頃です。
加賀市内最古の絵馬であり、石川県内でもここまで古いものは珍しいそうです。
後の時代に寄進された「牽馬図絵馬」に描かれている馬が、今にも走りだしそうな迫力に満ちているのに対して(写真失敗しました、すみません)、こちらの馬はいかにも時代が古いものらしく、誇張せず実物の馬に忠実に描かれています。


こちらは、わずか3歳で徳川から前田家に輿入れした珠姫(天徳院)の婚礼道具のひとつ、雛道具「黒塗葵紋散し蒔絵雛道具」。
加賀市指定文化財。元和5年(1619年)寄進。
黒塗葵紋散し蒔絵雛道具(小)
珠姫は菅生石部神社をたいそう崇敬し、婚礼道具の多くを寄進しているとの事です。
この雛道具、近くで見れば見るほど精巧で美しく魅入ってしまいます。
黒漆塗りの地に金箔の蒔絵で、葵の御紋をこれでもか!、というほど散らしてありますが、(徳川の威光を感じさせるとともに)それでも上品さ、優美さを失っていません。

もうひとつ、こちらも珠姫、元和5年の寄進。加賀市指定文化財。「眉箒・鶴に松梅図眉箒」
眉箒、鶴に松梅図眉箒
実際に珠姫が愛用していた眉を描く筆です。(まゆほうきではなく“まゆばき”と読みます、私だけかな、そう読んだのは。)眉箒と一緒に箱に納められているのは当時鏡に下げた飾りとの事。
眉箒はずいぶん使いこんでありますね。筆先が毛羽立っています。
このような愛用品を神様に捧げると言う事は、自分そのものを捧げるのと同じ意味を持っていたそうです。
また、神宝(しんぽう)として神様に実際にご利用していただく物として、日用品を寄進する事もあったといいます。

ちょっと不気味な能面「髭無尉」(ひげなしじょう)と狂言面「狐」。
能面、狂言面
「髭無尉」の方は人がかぶる面としてはあまりにも小さく、当時はそんな「ちっちゃいおじさん」がいたのか、それとも子供用かとも思ったのですが、学芸員の方によると浄瑠璃の面、つまり人形用の面の可能性が高いとのこと。

「狐」は(写真が切れてしまいました。すみません)歯をむき出して、随分恐ろしい形相です。
学芸員の方によると「野干」(やかん)ではないかと。
狐が出てくる狂言にもいろいろあるらしく、野干とは狐の中でも狡猾で獰猛なものを指すようです。

今年9月29日(日)には菅生石部神社が舞台となっている“幻の謡曲”「敷地物狂」(金春禅竹(こんぱるぜんちく)作、大槻文蔵師によって復曲)も580年ぶりに里帰り上演されます。
世阿弥の娘婿にあたる金春禅竹が、なぜ遠く離れた地にある菅生石部神社を舞台とする謡曲を?と不勉強のため不思議に思っていましたが、古くから朝廷の崇敬も厚く、遠く京都にもその名が知られていたのですね。

会場には全部で40もの展示があり、どれもたいへん貴重なもので まだまだ掲載したいものもあったのですが、残念です。(会期中には一部展示入替もあります)
今回初公開の資料も有ります。この機会に是非ご覧ください。(M)

「加賀國ニ乃宮 菅生石部神社の文化財展」
会 期・・7月21日(日)~8月26日(月)
(8月10日(土)14:00~と8月23日(金)16:00~は美術館学芸員による展示解説があります。)
お問合せ  加賀市美術館 TEL 0761-72-8787


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<かっぱ堂 夏のクルーズ! | メイン | 菅生石部神社、南都楽所、千年の稚児舞>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。