北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「敷地物狂」公演、いよいよカウントダウン!

全般

2013/09/02 Mon
菅生石部神社を舞台とする幻の謡曲「敷地物狂」。
今月9月29日(日)に行われる580年ぶりのお里帰り公演まで、いよいよ1か月をきりました。

昨日は、カウントダウンイベントのひとつとして、敷地物狂を復曲された観世流能楽師である大槻文藏師、作家の竹田真砂子氏、国立能楽堂企画制作課長である猪又宏治氏のお三方による鼎談が加賀市民会館で行われました。

敷地物狂鼎談

白状すれば、能というと「難解そう」「堅苦しそう」というイメージを勝手に持ってしまっていた私。
能に関しては、初心者も初心者、車の運転に例えるならば教習所に通い始めた初日!

実に情けない思いで、会場に向かいましたが・・・

今回の鼎談は、大槻文藏師が以前、佐賀県の名護屋城跡にて演じられた「鉄輪※」(かなわ)の録画を見ながらの能の勉強会。
大槻文藏師と竹田真砂子氏

鼎談の進行役を務められた猪又氏、解説をしていただいた大槻師、竹田氏。
皆さんたいへん判りやすく、そして面白くお話ししてくださり、会場からは時折笑声も。
(「鉄輪」自体は、女性の業の恐ろしさと哀しさを表した作品でしたが)

能・敷地物狂実行委員会の方々は、今度行われる本公演の準備になんと3年もの月日を費やされたとか。
周囲の方の関心を高めるため、こういった勉強会も何度も開かれてきました。
会場でも関係者の方がおっしゃっておられましたが、「一時は本当に実現できるのか!?」と思えるような、たくさんの困難を乗り越えていらっしゃった上で迎える「敷地物狂」お里帰り公演。

当日はぜひお天気にも恵まれ、すばらしい公演になるに違いありません。

なお、この日の夜には大聖寺の料亭で「食談」が、菅生石部神社ではアーティストの長谷川章氏によるD-K LIVEデジタル掛軸も行われました。
菅生石部神社デジタル掛け軸


幻の謡曲「敷地物狂」本公演。
地元の方のみならず、観光でこちらにお越しになるご予定の方も見逃せませんよ。

なお、本公演は無料でご覧になれますが整理券が必要です。
整理券のお申込みは本日からです。⇒ こちらをクリック。
先着順で600枚限定。お急ぎください!(M)

※「鉄輪」(かなわ)・・能の演目のひとつ。京都の貴船神社が舞台。自分を捨てて後妻を娶った元夫への怒りから、貴船神社に丑の刻詣でをしていた女が、神託を受け鬼と変わる。元夫と後妻に復讐しようとするが、陰陽師の安倍晴明の祈祷によって一時は退散する、というお話。
2枚目の写真で竹田真砂子氏が手に持っているのが鉄輪。鬼はこの3本の脚に火を灯して頭に載せている。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<日本海のうまい魚、本番! | メイン | 加賀温泉郷のPRに一役買います!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。