北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ノハナショウブ、今が見ごろ

全般

2014/06/20 Fri
加賀海岸遊歩道に咲く、ノハナショウブ。

ノハナショウブアップ

先頃、仕事帰りに寄った時は、ほとんど咲いているのを見つけられず意気消沈して帰宅したのですが・・・
今回リベンジしましたよ!
群生しているスポットも、一昨年取材に行った同僚のAに詳しく聞いて(ありがとうね、Aちゃん)。

実は私事で恐縮ですが、2011年、2012年と何度かここを訪れていながらやはりポツポツと咲いているのしか見つけられず。行った時期も悪かったのでしょうね。今回、やっとやっとの4年越しのリベンジです。(ひそかに感動)

場所は加佐の岬灯台から遊歩道を進み、「お夏のがん洞」を過ぎたあたりから右手海岸に下りて行ったところ。
この海岸へ下りる道は・・正直言いますと”けものみち ”です。
トロい私が下りられたのですから大抵の方は大丈夫だとは思いますが、道幅は狭いですし、急ですし、滑りやすいですし・・・充分お気をつけください。

坂道を降りて行くと、白い岩肌が見えてくると同時にノハナショウブの群生が目に飛び込んで来ます。
そして大海原が眼下に広がっています。
すばらしい景色です。ノハナショウブも今が見ごろです。(一部しぼみかかっているものもあります)

ノハナショウブ群生
本当はここからロープが張ってあり、ロープをつたって岩場に下りることができるようです。
(一昨年、同僚のAは岩場まで下りて動画を撮影しています。その模様はこちらで→ 『加賀海岸 ノハナショウブ群生地』 )

崖とノハナショウブ
ですが、私はここで充分満足しましたので笑顔で引き返しました。
(本当はここまで来るのに、既に息があがっており断念しました。岩場からはもっと美しい写真が撮影できたかも。スミマセン・・)
くどいようですが、充分お気をつけて。
そしてこの珍しい野生のノハナショウブ。どうぞ眺めたり撮影したり愛でるだけにしておいてくださいね。

なお、遊歩道からも群生とまではいきませんが、ノハナショウブを見ることができますよ。
灯台とノハナショウブ
(M)
ノハナショウブ・・・ハナショウブの原種で北海道から九州にかけて分布。湿原などに自生する。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<天神講 | メイン | 城下町の寺は…>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。