北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
「ぬしや寄席」 新そばと落語の会

全般

2008/11/17 Mon
新そばと落語1

新そばと落語寄席。
山中温泉で塗りの工房を営むYさんからお誘いをいただき行ってきました。
山中漆器では塗師のことを「ぬしや」とか「ぬっしゃ」と呼びます。
Yさんが三代目、すでに息子さんも一人前なので四代続く塗師のお家です。

毎年この時期、ご自身が打つ新そばを味わう会があることは存じていましたが、
「ぬしや寄席」と名付けた落語の高座も同時に楽しめる趣向とは驚きでした。

古今亭菊六
古今亭菊六さんの落語寄席。大勢のお客さまです。笑いが飛び交います。
Yさんがつくる塗り物のお得意さま、はたまたこのイベントの手伝いをするために
はるばる東京より来たという若者たち。ファンの多さにもあらためて驚かされました。

じつはこのYさん、塗りの名人の顔とは別に、篠笛の名手でもあります。
世界の民族楽器やギタリスト、詩人など異ジャンルの音楽家とのコラボも多く、
全国各地を股に掛け、演奏に飛び回っています。
個展もやり、笛も吹き、蕎麦も打つ。
「芸は身を助く」といいますが、2芸も3芸もあるこの方には
食いっぱぐれの文字など当てはまる由もありませんね。  (O)

(Yさま、高座中の無粋なシャッター音、ご迷惑おかけしました。反省してます)
(奥さま、ありがとうございました。八面六臂の奮闘ぶり、恐れ入りました。
Y家は、じつは奥さまのバーンとした人柄と体力で支えられている...これ本音)

漆工房ぬしや
http://nusiya.jp/ (ブログも楽しい。新そばの会の舞台裏も載ってます)
吹寄せ
工房の作品に味覚をのせた「吹寄せ八寸」。眼福口福の美しさです。

ギャラリー
2階にあるギャラリー

さといも
玄関先で炙っていたサトイモ。これがまた素朴でウマい。

家の前は畑
工房の前は畑。のどかです。里山紅葉の盛りに入っています。

みずみず大根
みずみずしくパンパンの大根。物欲しそうにしていたら「一本あげようか」。ラッキー!

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<黄色の傘 黄色の絨毯 紅葉する大イチョウ | メイン | 身近な紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear