北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
 大晦日の温泉感謝祭

全般

2008/12/31 Wed
山中温泉 湧出祈願1

大晦日の早朝6時、山あいの町はまだ薄暗い。
山中温泉のシンボル「菊の湯」。町民の共同浴場です。
営業時間前の脱衣所には礼服姿の関係者が大勢集まっています。
毎年大晦日に行われるこの祈願祭は、
一年間の温泉への感謝と、新年も変わらぬ湧出を願うもの。
聞けばこの祈願祭、江戸時代より続いているとのこと。
山中温泉の守護「医王寺」の鹿野住職さんの言葉に、ハッと気づかされます。
「今日の町の繁栄は、温泉旅館も漆器も、湧き出る湯溜まりに人が集まったことから始まった。山中温泉の文化の原点はこの共同浴場です」
「今ではどこでも掘れば温泉が出ると思っているが、昔の人はいつ涸れるかも知れぬ不安を抱きながら、天与の恵みにいつも感謝してきた」
地域の宝を住民全員で大切に使いながら守ってきた。これが加賀ならではの「総湯文化」。
自分たちでルールを決め、資源の保全と活用を図る。
あれっ、これってエコツーリズムそのものじゃないですか。
総湯文化はオリジナルのエコだったんですよ、スゴイ。

山中温泉「菊の湯」は年末年始も休まず営業
営業時間は6:45~10:30、入浴料は大人420円

山中温泉 菊の湯

温泉感謝祭
温泉を管理している人。山中財産区管理会長さん。

山中温泉 菊の湯 入り口
朝風呂の常連さんが次々とやってきます。

菊の湯
菊の湯(男湯)

飲泉

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<< 大聖寺藩の謡初め「お松囃子」 | メイン |  しめ縄づくり>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。