北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
 大聖寺灯ろう流し

全般

2009/07/19 Sun
恒例の「大聖寺灯ろう流し」です。
始まりは昭和26年。
中断した時期もあったが、平成9年から大聖寺文化研究会が受け継ぎ続けています。

夕闇が近づく午後7時。
会場の古九谷の杜公園は、手に灯ろうを持った親子でいっぱい。
思い思いの絵や願いを書いて、灯ろう流しの順番を待っています。

大聖寺 灯ろう流し


「大きくなってこの町を出ても、大聖寺の夏の思い出として記憶に残してほしい」

主催者の思いが伝わり、現在参加者は1000名を超え、灯ろうの数も千数百基。
運営を支えるボランティアスタッフも、10団体、100名以上ということ。
道案内、ろうそく係、川に入っている人、みんな静かに、黙々と支えています。
これが城下町大聖寺のまとまる力、気質なのでしょうね。

この灯ろう流しが終わると、もうすぐ梅雨明け。夏本番がやってきます。 (O)

大聖寺 灯ろう流し

大聖寺 灯ろう流し

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<< 形容出来ぬウマさ・・・橋立の甘鯛 | メイン | 観光案内所の夏の模様替え>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear