北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大聖寺藩の家紋『棒梅鉢』を発見!

観光スポット

2009/09/29 Tue
地元に住んでいながら、知らないことはたくさんあります。
今回、「地元の方が地元に住んでいながら、意外に知らないかも・・?」をテーマに
大聖寺藩の家紋『棒梅鉢』を探す旅に出掛けてきました。


加賀藩と言えば金沢市を中心とした百万石の城下町。加賀市は分藩で大聖寺藩
七万石(のちに十万石)の城下町でした。よく混同されますが、家紋ひとつ見ても
両者は違います。同じ梅鉢の御紋ですが、加賀藩は通称「剣梅鉢」、大聖寺藩は
通称「棒梅鉢」と呼ばれ、大聖寺藩の家紋には剣の使用が許されませんでした。
(「加賀藩 前田家ゆかりの地 大聖寺藩」より)


そんな、大聖寺藩の『棒梅鉢』の家紋は、どんな所で使われているのか・・。

まず、大聖寺歴代藩主前田家の菩提寺である実性院。
正面から入ると、まず目につくのは家紋瓦。そして、中に入ると座禅堂にも
ありました。

DSC_0219.jpg
実性院の座禅堂


次に訪れたのは、実性院から徒歩2、3分のところにある宗寿寺。
大聖寺藩の関所の門が払い下げられ、山門として移設されています。

宗寿寺
宗寿寺にある旧大聖寺藩関所門


そのまま江沼神社に向かって歩くこと数分。熊坂川沿いにある越前橋に出てきます。
春には、川沿いの桜が咲き誇り、ライトアップされた桜並木はとても美しく幻想的です。

越前橋
山の下寺院群から徒歩数分のところにある越前橋


そのまま熊坂川沿いを歩いていくと江沼神社が見えてきます。
大聖寺藩祖前田利治と菅原道真を祀る江沼神社は、もとは藩邸の一部で
すぐ傍らにある庭園は当時の形をほぼ残しているそうです。 

家紋瓦
江沼神社の家紋瓦

馬
こんなところにも、『棒梅鉢』の家紋を見つけました!


最後は、菅生石部神社。加賀では、白山比神社につぐ大社です。
階段を上ると神門があり、神門をくぐって後を振り向くと・・見つけた!!
何度も訪れているのに、不覚にも今まで気が付きませんでした。

透かし彫り
梅鉢紋の透かし彫りのある桟唐戸   


そして、欠かすことができないのは、やっぱり甘いものですよね~。
ちゃっかり者の私は、地元大聖寺の和菓子屋G堂さんで『棒梅鉢』の家紋が入った
「どら十万石」を見つけてきました。
たかが、どら焼きとあなどることなかれ。甘さ控えめの生地と粒がしっかり残っている
小豆餡とが絶妙なバランスでとても美味しいのです。

どら十万石1
やっぱり、甘いものはやめられません。ほぼ三口で完食。


これから、のんびり散策するにはピッタリの季節です。
歩きなれた道をゆっくり歩いてみてください。
もしかしたら、新たな発見があるかもしれませんよ。(R)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 観光スポット | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<小学校振り!片野 鴨池観察館 | メイン | 狐山古墳の彼岸花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。