北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
電車でタイムスリップ!!

観光スポット

2009/12/02 Wed
鉄道マニアの方は、大勢いると思いますが・・・動いていない電車にも興味を
持っているのでしょうか??
そんな疑問を持ちつつ・・・今回、私は加賀市内にある「動かない電車」を
探しに行ってきました。


まず、最初に訪れたのは、大聖寺八間道にある「流し船乗り場」。
なんと、この奥で当時のままの姿を残した電車が、休憩所として活躍しているのです。
昭和26年~昭和38年まで運行されていた電車が、なぜここに??と思わる方も
いらっしゃるでしょう。 

平成18年、地元新聞に電車の引取り手を募集する記事が掲載されました。
電車本体のお値段はタダ!←「なら、私が。」と思われた方も数名いらっしゃったようです。
しかし、鶴来から運んで来るための移設費がなんと140万円。(当初は250万円だったそうです。)
いくら電車好きな方でも、このお値段と広い敷地も必要となると手が出ませんよね。

そんな中、「流し船」を運航している有志の方々7名が「自分たちが引取る。」と
手を挙げたのです。

流し舟DSC_0032
正面から見ても、よくわかりませんが・・

電車DSC_0011
どうやって、入れたのだろうと不思議なくらいです。

20091104114517588-1.jpg
電車の中には、廃線当時の写真が数点飾ってあります。

車内には、他にも写真が並んでいますので、ぜひ立ち寄ってみてください。



さて、次に訪れたのは、道の駅山中温泉。
ここでは、昭和38年から昭和46年まで、山中温泉~大聖寺駅間を
運行していた電車「しらさぎ」号が展示されています。

「あった~、ありました。」、当時の面影を残したままの「しらさぎ」号。
「しらさぎ」号は、昭和38年の製造で、日本初のアルミ車体の電車です。
旧北陸鉄道加南線の山中温泉~大聖寺駅間で運行され、当時はロマンスカーとして
観光客をはじめ大勢の通勤、通学者に親しまれてきたそうです。 

しらさぎ正面DSC_0334
「しらさぎ」のプレートもそのまま残っています。

しらさぎ内部DSC_0351
うーん、なんだか昭和の時代にタイムスリップしたみたい。

きっと、当時としては斬新なデザインで人気があったのでしょうね。
同じ場所に「山中温泉~大聖寺駅間 電車の歴史」が、一目でわかる看板もあります。


電車を利用されたことがある方は、当時を思い出して、
そうでない方は、昭和の雰囲気を感じてみるのはいかがでしょうか。(R)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 観光スポット | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<寒空にゆれる愛の鈴 | メイン | 漆塗りチェスセット ニューヨークでお披露目>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear