北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
心に残る1枚の写真!

観光スポット

2010/10/21 Thu
この写真(画像)と出合ったのは、ある出版社から送られてきたFAXがきっかけでした。

木曽義仲像3 
首洗池にある木曽義仲像/加賀市手塚町(撮影:O氏)

普段から、出版社や新聞社、印刷会社やHP制作会社など、KAGA旅・まちネットには写真(画像)の
貸し出しや掲載記事の校正等、情報提供の依頼が山のように舞い込んできます。
多い時には、月20件以上になることも。これだけの件数に対応していると、どんな内容でもそんなに
困ることはありません。

ところが、この日送られて来たFAXは、いつもと違っていたのです。
小学生向けの本を制作している出版社から、「首洗池にある(涙を流す)木曽義仲の写真(画像)を
お借りしたい。」しかも、「顔のアップにしたいので、なるべくいいアングルのものを希望いたします。」
との依頼内容。

FAXを読んだスタッフAkeさんと私が同時に、「そんな画像あるわけないよね~」と叫びます。
それでも、AkeさんはOさんに「まさかとは思いますが、木曽義仲がさめざめと涙を流しているような
アップの写真(画像)はありますか。」と尋ねると、「あるよ。昔の写真だけど、あるはず。」とOさん。
「えーーー、本当ですか?? すごい、凄過ぎます。」と、またまた同時に私たちの叫び声。

私たちの頭の中では、木曽義仲、樋口次郎兼光、手塚太郎光盛の銅像三体揃っているのが首洗池の
写真(画像)という風に出来上がっているのです。一体だけという発想すらないのですから・・。
このアングルで撮影していたなんて、驚きでした。しかも、雨が滴り落ちて、本当に涙を流している
ように見え、銅像であることを忘れてしまいそうになる位、切なさが伝わってきます。


一か月程前、斎藤実盛が白髪を染めるために使ったとされる古鏡が納められている「鏡の池」
(加賀市深田町)の取材をしたばかりの私には、何か不思議な縁を感じさせるのです。
その時の取材では、亡き斎藤実盛がどんな想いで鏡を眺めていたのかを想像していましたが、
この写真(画像)を見た今、家臣が討ち取った命の恩人(斎藤実盛)の首を抱え、木曽義仲がどんなに
無念だったのか・・想像すらつきません。

それでも、物悲しさを感じるこの1枚の写真(画像)は、私の心に焼き付いて、この時代を生きた人々の
辛さ、苦しさを考えさせられる機会となりました。それに比べれば、我が悩みなど微々たるものだと
叱咤されているように思えてなりません。(R)


CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 観光スポット | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<特別公開 「鴻玉荘」 | メイン | ミニツアー「温泉まんじゅう食べくらべ」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear