北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
現代の魯山人は生まれるか

全般

2011/02/02 Wed
山代温泉AIR ギャラリーパノニカ 加賀

アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence)
聞いたことあります?
略して「AIR」
地域が芸術家を招き、滞在しながら制作やワークショップを行うことをいいます。
もともと第二次世界大戦後に欧米で生まれた活動ということですが
日本版のAIRは、すでに大正初期の山代温泉にありました。
偉才の芸術家、北大路魯山人と旅館旦那衆との交流です。
この時の滞在をきっかけに、「触発」と「発信」と「文化の蓄積」が
地元と客人の双方ににもたらされたといえます。
(詳しくは、魯山人寓居跡いろは草庵をどうぞ)

そして約100年の時を経て、山代に新たなAIRが動き出しました。
拠点は「Gallery PANNONICA」(ギャラリー・パノニカ)
山代温泉通り商店街のメンバーが活動を支えます。
旧銀行の建物を再生したスペースには「Bar Swing」も同居。
芸術文化のふ卵器としての雰囲気も満点です。
商店の旦那衆の心意気が、現代の魯山人を育むか、期待が膨らみます。(O)



追加です。
観光地づくりとAIR、発信力を持つ観光客の役割などについて
友人の木野聡子・敷田麻実が興味深い論文を書いていますのでご紹介します。
芸術家が持つ発信力を一般旅行者に応用した観光地域づくりへの示唆

ギャラリー・パノニカ第2期展示 2月2日~27日
石川県加賀市山代温泉温泉通り31-4楽歩館1F

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(4) | TB(0) | ▲ top
<<兼六園 ライトアップ | メイン | 立春目前のドカ雪 交通マヒ~~>>
コメント
- 注目のお礼 -
ご紹介ありがとうございます。こんなものも書いてたと、自分で再発見。さて、ちょっと似た例で「アーティストインスクール」というものを来週は特集します。詳しくは標記HPをご覧下さい。札幌からでした。
2011/02/03 00:50  | URL | しきだあさみ #-[ 編集] ▲ top
-  -
遠く北より発見してくれてありがとう。AIS漆さんは学校側との調整なんかは相当苦労されているでしょうね。でも、着々と活動が広がっているのは、伝統のしがらみがない北海道の明快さがあるから。子供が自然と創造性を発揮するきっかけづくり。素晴らしいです。
2011/02/03 15:00  | URL | tabimati-0 #-[ 編集] ▲ top
- ご来場ありがとうございました。 -
丁寧な取材、ご説明、画像とありがとうございます。
聞けばお二人とも娘の先輩にあたる方。

個性的な位置づけですが、
ひとつづつ繋げて積み上げて参りたいと思います。

きっと投げた石は何かに当たる、
何かに影響を及ぼす。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

マネージャー M.A
2011/02/12 15:44  | URL | pnnonica #-[ 編集] ▲ top
- おじゃましました -
ギャラリー・パノニカ、マネージャー M.Aさま。
先日は事前に連絡もせず押しかけまして失礼しました。

活動がゆっくりと浸透し、知らず知らずに商店街の空気を変えていく、近い将来そんな日が来ることを期待しています。

またお知らせください。
2011/02/13 17:52  | URL | tabimati-0 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。