北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
さらなるタイムスリップ!

イベント情報

2011/08/06 Sat
昭和の時代に加賀市で活躍した電車を取材した時は、なんとなく懐かしさを感じていたの
ですが、さすがに「馬車鉄道」と聞いてピンと来なかった私。馬が線路の上を走る客車を
引く鉄道のことを言います。


JR北陸線の大聖寺駅に、なんと99年ぶりにお目見えした「馬車鉄道」の客車。
高さ約2メートル、横1・6メートル、奥行きが約3メートル。そんなに大きくはありませんが、
馬1頭が最大8人を乗せたこの客車を引いていたと聞くと驚きです。

DSC_0016_20110806150850.jpg

DSC_0021_20110806150907.jpg


大聖寺と山中間に石川県で初めての電車が走る1913年まで活躍していた「鉄道馬車」は、
役目を終えた後は、ほとんど客車部分が取り壊されているのですが、この客車は地元住民の
方の米倉として使われていて、現存する客車としては日本最古だそう。
確かに年月を感じずにはいられません。

_0001.gif
明治45年ごろの鉄道馬車(山代駅)  「こども加賀市史」より

この馬車が大聖寺と山中間の8.6kmを走っていたなんて、想像もつきません。
こんなに貴重な財産が残る加賀市。
もっと何かを発掘できるのでは・・と、想像を膨らませてしまいました。(R)



【「馬車鉄道」の客車展示】
場   所:JR大聖寺駅の待合室にて
展示期間:8月6日(土)~8月16日(火)まで

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<黒崎海水浴場 海中編 2011 | メイン | 夏のレジャーを楽しもう>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。