北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
山中温泉「鶴仙渓」 雪の三橋めぐり

動画

2012/02/05 Sun
加賀・山中温泉 鶴仙渓 黒谷橋 雪景色

2月2日、午後2時の風景です。
この日は、最低気温-3℃、最高気温も0℃という寒さ。
そのおかげで雪がサラサラ。
昼過ぎでも木の枝から雪が落ちず、一面銀世界のままです。

こんな機会はめったに無いので、鶴仙渓の橋めぐりをしてきました。
長靴はいて深雪の中をズボズボ、手はかじかんでイタイイタイ。
その甲斐あって三つの橋は、それぞれに美しい姿を見せてくれました。

和の風格「こおろぎ橋」、話題性の「あやとりはし」の蔭にかくれ
近頃少し不憫な「黒谷橋」の雪景色を私は推します。
落ち着いた大人を感じさせる橋、シブイ。(O)



CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 動画 | コメント(2) | TB(0) | ▲ top
<<御願神事-2012年- | メイン | JRのダイヤが乱れています>>
コメント
- 実は -
黒谷橋が一番好きです。
加賀温泉郷は明治~昭和期に大発展したのだから、近代化遺産をもっと大事にして欲しい。東京、横浜、大阪は近代化遺産を観光の目玉にしようとしているし、北九州も頑張っている。ニーズは確実にあると思う。山中のお湯の前にある新家が持っていたポンプ車の展示は素晴らしいと思いますが、地元の人でも最近は「新家熊吉」を始めとする昭和以前の栄光が忘れられていると感じる。臨峰苑や西桂木の新家の公園が荒れ放題だった失われた20年に失われた物は大きいと感じます。臨峰苑は整備次第では大きい宝になったのに残念。このうえ旧国病も廃止とは。加賀市にならなければ良かったのではないかな。ゆげ街道だけが売りのスカスカのクリーンな観光地になっていくような予感がして嫌です。
2012/02/07 16:55  | URL | 匿名 #1XLCEuoo[ 編集] ▲ top
-  -
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り黒谷橋は、近代化遺産の空気を持っています。欄干の窓がアールデコ調のデザインですし。西洋に学び、追いつこうと、日本の近代の姿を世界に見せようとした人々の気概が、この頃の建築物にも宿っています。明治から昭和初期にかけての温泉地の姿、旅館のもてなしの姿を振り返れば、そこに本来のあるべき姿が見つけられるような気がします。ご教示ありがとうございました。(臨峰苑は子供のころによく遊びに行きました。韓国の石像が怖かったですが...)
2012/02/09 10:48  | URL | tabimati-0 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear