北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ふらっと東谷地区

全般

2012/05/20 Sun
加賀市には、昨年、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された『加賀東谷地区』というところがありますが、東谷地区の一部にしか行ったことがなかった私・・・。
先日お客様から、東谷地区の山中温泉荒谷町(あらたにまち)にある『山野草かふぇ』の場所を聞かれて、ちょっとテンパってしまいました。
ということで!次からは即答できるように、とドライブがてら行ってまいりました

東谷地区は、路線バスなどが通っていない地域。車やタクシーなどを使わないと行くことができません。
今回運転手を確保できたので、私は助手席に座り、目印になる看板や建物などの写真を撮ってきました。
車を運転して東谷地区に行かれる方、参考までにご覧ください。
荒谷町、今立町(いまだちまち)のあたりはケータイ使えますが、大土町(おおづちまち)、杉水町(すぎのみずまち)は電波がないのでご注意を

まず、国道8号線を金沢方面から来た場合、『松山』という信号を左折し直進します。
1週間ほど前に加賀市森町~水田丸町間の約2.3kmが開通したので、道がわかりやすくなりました。
そのまま道なりに進むと、四十九院トンネルを通って山中温泉街に向かう道と、東谷地区・県民の森方面に向かう道とに分かれます。

この看板が見えたらすぐ・・・              ここを左へ。(『松山』信号からここまで5分ちょっと)
山中温泉街・東谷地区分かれ道看板 右 山中温泉街・左 東谷地区

県道153号線を道なりに進みます。徐々に山あいの雰囲気です。
県道153号

すると、『石川県内水面水産センター 200m』という看板が見えます。(山中温泉街方面、東谷地区・県民の森方面の分かれ道からここまで5分弱)
石川県内水面水産センター看板

ここを左に曲がると石川県内水面水産センターですが、曲がらず直進し・・・
石川県内水面水産センターはここを左折

150mほど進むと荒谷町集会場があり・・・
荒谷町集会場

さらに200mほど進むと、左手(北側)に山野草かふぇがあります。到着です!
山野草かふぇ① 山野草かふぇ②

山野草かふぇの営業は日曜日のみ(冬季休業)。
今回は利用することができませんでしたが、近いうちにまた来ようと思う(A)なのでした

ちなみに・・・
6月10日(日)の1日限定で、加賀百万石ウォーク『初夏の重伝建"加賀東谷"ウォーク』が開催されます。(※自家用車の方限定)
定員は20名(最少催行人数は5名)ですが、5/20現在、まだ空きがあります。
興味のある方はぜひご参加ください。

詳細は
加賀の魅力を満喫!百万石ウォーク 春夏編をご覧ください。

(A)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<金環日食 | メイン | 貧乏神神社  後編>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。