北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
九谷焼陶印教室

イベント情報

2012/06/18 Mon
魯山人寓居跡いろは草庵開館十周年記念企画の『九谷焼陶印教室』に参加してきました。
場所は、はづちを楽堂 畳の間。
篆刻家でいろは草庵館長の北室南苑先生と、講師の北野河声先生に教えていただきました。

九谷焼陶印教室①
素焼きの陶印材の2センチ角の面に、文字は2文字まで彫れますが、画数が多い文字だと2文字は難しいですよ。とのこと。
私は不器用なので、欲張らず・・・。名前の1文字目『亜』を彫ることにしました。

まずは、篆刻用の文字が書かれた辞書を引き、何種類かある文字の中から好きな字体を選びます。
そして、北野先生に、選んだ字体の『亜』を陶印材の彫る面に墨で書いてもらいます。

北室先生からの、彫り方の説明とアドバイスは、
・石印材より硬くて彫りにくい
・印刀(いんとう)という専用の道具を使う
・親指を印刀の細い面にあて、刃を下にして5本の指で握る
・印刀を右に傾け、手前に彫る
・書いた文字の線の右側面を彫り、次は逆さにして逆の右側面も彫る
・一気に長い線は彫れないので、1ミリくらいずつ彫るつもりで
・カーブは、短い線の連続で彫るとうまくいく

九谷焼陶印教室②
以上を踏まえて彫り始めましたが、なかなか難しい。
先生は簡単そうに彫っていたのに、太く、リズムよく彫ることができません。

九谷焼陶印教室③
最後に、北室先生に手直ししていただきました。
さすが、先生。素人が彫った文字が、あっという間にかっこよく仕上がりました。

九谷焼陶印教室④
陶印側面の絵付けの柄は、3種類の中からBを選びました。今月中に焼成して送っていただけるそうです。
出来上がりはどんな感じになるのでしょうか?楽しみです!年賀状に使おうかな♪

(A)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<山中漆器・九谷焼 合同作品展2012 | メイン | ギャラリートーク「魯山人の味道を探る」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear