北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大聖寺は能の町3

イベント情報

2012/07/17 Tue
大聖寺 菅生石部神社
ここを題材とした能の演目があることをご存知でしょうか。

敷地物狂(しきぢものぐるい)」
幻と言われている謡曲です。
何故、幻か。
時は室町時代、世阿弥の娘婿、
金春禅竹(こんぱるぜんちく)によって作られたと言われるこの謡曲は
現代までの長い年月の間に 廃れてしまったからです。

それが 平成の世に蘇り
来年(平成25年)には「お里帰り」奉納上演 が当地で行われるとの事。

その上演に向けて 7月16日(祝・月)13:30~ 蘇梁館にて
能楽に親しむための公開講座が開催されました。

一部では 題材となっている神社や大聖寺の歴史についての座学。
二部では 能装束や能面に触れるワークショップが行われ
役柄や装束・面との関連性、お手入れの方法に至るまで皆さんの興味は尽きず、沢山の質問が飛び交っていました。

実際の舞台で使用されている装束を羽織ってみたり
女性は皆さん間近で見る綺麗な織に目を輝かせていらっしゃいました。もちろん男性の方も着用体験。実際の重さに驚いた、という声も。
面をつけて
面の持ち方にも決まりがあり、レクチャーを受けながらそっとあててみます。視界の狭さに驚いたり、素材や彫り方に至るまで話題が尽きません。

写真を撮ったり
取材にいらした記者の方も快く撮影のご協力。撮影後の画像に歓声が上がります。

通常は演者の方しか触れることが許されない装束や面を間近にできる
貴重な機会に皆さん、本当に楽しそうでした。

縁では大聖寺に伝わる「藪内流(やぶのうちりゅう)」のお茶会も。
蘇梁館の庭園を眺めながらいただく一服に ひととき酷暑からも解放され
大聖寺の文化をゆったりと堪能することができた講座でした。

大聖寺と能楽。
これからも目が離せません。

(K)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | イベント情報 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<橋立 ギャラリー悠 山下一三展 | メイン | タイムスリップする大内峠>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。