北陸 石川県・加賀市・金沢・福井・富山の観光・旅行は加賀温泉郷から KAGA旅・まちネットブログ

文字サイズ

普通

大

特大

clear
on
スポンサーサイト

スポンサー広告

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大聖寺は能の町4

全般

2012/10/01 Mon
9月29日(土)13:30~ 錦城東小学校体育館にて
「第4回 敷地物狂 公開講座」が開かれました。
今回は 大聖寺の歴史や文化と能楽の関係性や 物語の背景について
よりわかりやすい内容の講座として開催されました。
(過去開催の様子はこちらをご参照ください)

今回は新たに ワークショップで謡の体験や 囃子物の体験ができる時間もあり
参加の皆さんにとって、より楽しんでいただける要素となっていたよう。
「高砂」結婚式などでお馴染みのこの曲も 聞くと謡うは大違い。
難しい~ という声が聞こえながらも大きな声での大合唱でした。

太鼓(たいこ)や、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、笛。
「お雛様の五人囃子はこれなんですよ」というわかりやすい例えに会場からも
納得の声があがり、普段触れることのない楽器に皆さん 活き活きと
体験を楽しんでいらっしゃいました。

お茶席
そして今回も藪内流(やぶのうちりゅう)のお茶席が用意されていました。

器
中秋の名月を翌日に控えたこの日の設えはとても素敵でした。

「実盛」に代表されるように ここ加賀市にはこの地を題材とした能の演目がいくつか存在します。
この「敷地物狂」もそのひとつ。

加賀の地に根付く文化に触れる体験は いつもとても新鮮です。

読書の秋、文化の秋。
このところ巷で流行と言われている純文学もよいけれど
秋の夜長に 加賀の地にある文化を
改めて探ってみるのもよいのではないでしょうか。

加賀の謡曲を巡る旅がしたくなるかもしれませんね。
(K)

CANBUS(キャン・バス/キャンバスについて)

日本・国内・北陸地方・石川県の観光・旅行・温泉めぐり、福井・富山・岐阜を含んだ広域観光の中継地は加賀市・加賀温泉郷が便利です。

北陸・石川県・加賀温泉郷の観光・旅行の情報は
「KAGA旅・まちネット」公式サイトで

この記事のURL | 全般 | コメント(0) | TB(0) | ▲ top
<<狐山古墳 彼岸花 | メイン | 片山津温泉 紫灯路(むらさきとうろ)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

| メイン |

ページ先頭に戻る

clear

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。